たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SNS
ちょうどブログを始めた頃だから2007年頃だったろうか。ブログがウエッブサイトにとってかわろうとしていたころだとおもう。猫も杓子もお玉もスプーンもこぞってブログをはじめていたとき、ブログの平均寿命は3年ほどと書かれていたのをどっかでみた。

そんなことはあるめぇ! なんておもったものだが、いま我が身をふりかえると”ビンゴ”じゃんの一言。

私が書かなくなったのは、前回かいたとおりで、ネタはいくらでもあったのだけど書けなくなった。もちろん、はじめたころよりあきらかに我が身も財布のなかみもいそがしくなったこともいえるだろう。

ひさかたぶりにネットワールドにもどってきてみると、たくさんのブロガーが更新をやめていることに驚いた。とくに政治系ブロガーにおいて顕著なようだ。
よく出入りさせていただいていた、「わんばらんす」、「お玉おばさんの政治のはなし」とか「遠方からの手紙」、かの”反帝反スタ”のお方も近々閉鎖されるそうな。

背景として一般的に語れるものではないとはおもうのだが更新お休み中に政治への”閉塞感”は大きく増大した。あの政権交代のときの高揚感は完膚無きまでにふきとんだ。
2大政党を必然とするような選挙制度改悪の結果は、民主か自民か、まるで、打ち首か銃殺かを選択するような感覚しかおぼえない。

ブルジョア~な政治を論じてみても”鬱”になるのが関の山なのは革命的左翼なら周知のことであるし、既成の政治システムがにっちもさっちもいかなくなったときこそが、それをうちやぶるチャンスだということ心得ている。ただし、チャンスはしっかりとしかるべき準備がなければつかめないし、それがいつ訪れるかはがっつり学習し研鑽を積まねば知ることはできないこともまた心得ている、なによりその作業がいまだ途にさえついていない現状もまた・・・

さて、政治話はまた、おいおいということにして、巷はツイッターやフェイスブックなどのSNSが大流行だそうな。一年半も深山にこもって滝に打たれて修行してきた”武装せる園芸家”はまるで浦島太郎的感覚にとらわれる。

最近、ちょっとグラッときてケータイをスマホにしようかと思ったこともあったのだが、基本料金のお値段を聞いて、あっさりあきらめた。いまはまだ貧乏人が手にするようなものではない。

私はツイッターもフェイスブックもどちらも関心が薄く、やってみようとは全く思っていない。今回の未曾有の大災害のときにツイッターがおおいに役だったともきくし、中東の「春」でもロシアの「冬」のさなかでも、フェイスブックのようなSNSがメディアとして大変重要な役割を演じたと聞いてはいるのだが。

ツイッターはつぶやきといわれるとおり、一言でやりとりするのがなんともむずかしい気がしてだめだ。それに、あの展開の早さについていけるきがしない。
たいしたことは考えていないし、難しいことはいえないけれど、それなりに筋道たてて思いを語るにはどうしても、これまたそれなりに文字の数が必要だと思うのだ。
ただ、ブログに投じるエナジーよりはずっとエコで運営はできそうなきはするので、仕事に忙殺されている人にはよいかもしれない。それと、チャット感覚で、ワンフレーズで”知ったか”をいれるくわくわくんには向いているだろう。

お玉おばさんは政治の話からしばし離れ、ツイッターにいってしまわれた。まあ、あれだけのメジャータイトルとなれば政治の話を運営することの苦労は過疎ブロガーの私にも想像はつく。そうしたうえで、またいつの日か、あの大喜利のような、そして多様性に富んだ大討論をまたはじめてもらいたいもんだとおもう。

フェイスブックは、仕事関係ではやっていない人をさがすのが難しいくらい、日々の糧のような状態だ。まあ、フェイスブック以外のSNSもあろうからそちらを選択することはあるかもしれないが、”実名公開原則”のフェイスブックだけはごめんだ。創始者のザッカー・バーグは社会的正義は情報の透明性のなかにあって貫徹されるという哲学をもっているらしいが、世の中お天道様のしたを大手を振って歩ける人ばかりではない。

今のご時世、なにも私のような「過激派」くずれでなくても、失業、倒産、夜逃げなど、裏街道をひっそりとあるいてゆかねばならない人々は決して少なくない。
実名をともなってこそ、発言の正当性は担保されるという考えは確かに正論であるとはおもうのだが、おおよそ政治における批判に関しては、それを体制内の枠組みの中に押しとどめようとするものにしかなりえない。

「.com」相手ならまだしも、権力にもすすんで情報を献上しまくるような行為は自殺行為にひとしい。「ヤバイ」時代を生き抜くには「ヤバイ」知性がひつようなのだ。

No need FaceBook


スポンサーサイト

家族サービス 
あいかわらず残暑はきびしいですが、すっかり秋の気配が感じられるようになりました。日もだいぶみじかくなってきて、気がつけばもうお彼岸じゃないですか。なんだか生きてゆくのに精一杯で、どんどん時間だけが過ぎてゆくようにおもいます。みなさまおかわりございませんか。

武装せる園芸家はちっとも儲けにはなりませんが、ばたばたとお仕事に追われています。先週、先々週と一週間単位で2度のピークをむかえ、いよいよ納期まであと今週の5日というところまできました。昨日は夜のお昼まで残業をしたので、今日はめでたくお休みであります。

心身ともに激しく疲弊しているので、ひがら1日のんびりと静養したい気持ちだったのですが、ローザが映画を見に行こうというので、ほいじゃぁバイオハザードを見に行こうと、ちかくのビルトイン映画館のショッピングモールへとでかけてきました。

じつはですねぇ、このバイオハザードは、公開と同時にでかけたのですが、当日モールがとんでもなく大混雑、ローザの運転に、駐車場のあっちに止めろ、イヤこっちがいい、とかやってるうちに大喧嘩になり、そのままかえってしまったというイワクつきのしろものなのです。

今日はそんなわけで、私の運転でいきました。モールにはいってから、速攻チケットを購入。12時開演は字幕とのこと、「3D映画で字幕というのは、それなりのスキルがないとつらいですyo」と窓口のおねえさんのアドバイスにしたがい、2時間後の吹き替えにしました。

そんなわけで、2時間モール内で時間をつぶさねばなりません。まずはすぐ近くの洋食やさんでお昼をいただき、喫茶店でコーヒーでものみながら、ちょっと周囲を気にしながら、きわどい政治話なんぞしたあと、”散”をしてローザはウインドショッピング、私は書店へとむかいました。

私は彼女のショッピングにお供することはめったにありません。これをしたら、ほぼ確実に大喧嘩になります。さんざっぱら店内をひきまわされたあげく、「今日は買わないwa」とかいわれた日には、頭が大爆発してしまいます。私はまだまだ修行がたらないのでしょうか・・・





そんなことをしながら時間をつぶして結集時間にドック、いざ見るぞバイオハザード!
まあ、内容はただいま公開中ということで書きませんが、3Dを初体験してみて、銃がこっちを向いていたりすると、なんとも気持ちの悪い臨場感がありますね。内容が内容なら、もしかして高齢者や心臓疾患をおもちのかたは逝くかもしれません。それとすくなからざる疲労をおぼえます。それはさておき、映画のストーリーとしてはエンディングで、たぶんまた続作がでるんだろうなぁ、という終わりかたでありました。

それより、冒頭の映画情報のCMで「 SPACE BATTLESHIP ヤマト」やってましたが、これってかなりイケそうです。公開がたのしみです。12月公開とのことなので、そのころは波瀾万丈だった今年もおわり間近、すっかり冬です。家計が氷河期になっていなければいいのですが・・・





たわいもない話の王道でした。 おはり



9月に入っての最初の記事が12日とは、サボり過ぎっすね。とはいえ、お仕事がめっちゃくちゃ忙しいです。近年あるときとないときがきっちりと分かれていて、無いときは全くなくて、あるときは精神と肉体の限界にチャレンジみたいな感じになってきています。おもいっきり価値法則に翻弄されているようです。

さて、せんだって待望のお金がはいったので、今日はひさしぶりに旅にでてきました。旅とはいっても日帰りのあわただしいものですが、神戸にいってきました。ちょくちょくコメントをさせていただいている「お玉おばさんでもわかる 政治のお話」、コアなコメントにもかかわらずいつも公開してくださっているお玉おばさまが、スタッフとして参加しておられる「9条交流会」に参加させていただきました。

毎年恒例ののイベントのようでして、結構そそる内容の企画に、ぜひ参加してみたいものと常々おもっていました。とはいえ、金があれば暇がない、暇があれば金がない、貧乏人ゆえなかなか実現しなかったのですが、今年はちょっと気合いをいれてみました。


15年ぶりの三宮の駅9時半に到着
P1000225(1).jpg


開演10時というクイックスタートに間に合うように、朝いつもとかわらぬ早起きで速攻出撃、9時半には三宮駅に到着、余裕じゃんと思い一杯飯屋で朝食をいただいたあと会場の神戸市勤労会館を探します。事前にググっておいて場所は確認ずみ、なんたって15年まえサラリーマンを止め自営を始めるも仕事が全くなくて、仲間にさそわれて震災復興のボラに一月半ほど神戸にいたので、土地勘はある。とおもっていたのですが会場が見つかりません。右往左往するうちに時間はあっという間に10時をどんどんすぎて、焦る気持ちで全身滝汗です。「えぇい!コンビニで地図を調達だぁ」と地図を見ながら幹線道路の交差点にもどり、ふと空をみあげると、あるじゃん勤労会館。なんと会場周辺をぐるぐるまわってたのでありました。


この建物の周辺をなんども行ったり来たり 看板が上についていたのでわからなかった・・・
P1000226(1).jpg


まったくProらしからぬ段取りの悪さに、自分の事ながら少々気落ちしつつ会場にダッシュ。受付でチケットを購入、「あの~、お玉ブログみてきたんですけどぉ」と受付の女性に言ってみる。「お玉さんならいまちょっとでていますが、待ちますか」とのこと。すでに30分遅刻なので、「あ、いいです、分科会にいってきます」と答えました。分科会は四つあって、どれも興味をそそられます。どれにしようかなと迷ってしまう。しばし考えるも結論が出ず、一から順番に行くことにしました。

7階の大ホールにたくさんはいってました。お題は”「日米同盟」で平和は守られるか”セクションごとに質疑応答があって、多様な意見がでてきてとてもよかったですね。欲をいえばもっと保守的な、あるいは反動的な意見もあったりしてもいいかもと思いましたけど。
60年安保闘争のとき、あの6.15で樺美智子さんが虐殺されたそのときにデモに参加されていたという方や、高校で社会科を教えておられる方が、安保や日米同盟、抑止力という「現実」のまえに、どう生徒に憲法をかたっていったらよいのかとチューターに質問をぶつけておられました。

食い入るようにききながら、私なりの答えを頭の中で巡らしていたのですが、どうしても階級闘争であるとか帝国主義段階とかスターリン主義とかの、一般市民にはなじみのない概念ぬきには語れない。そこらあたりのところを平易に、わかりやすい言葉で語れる能力がないといけないなぁと痛感しているあいだに、分科会の終了12時30分になっちまいました。

あとの三つは残念ながらいけませんでしたが、2階で津久井先生の分科会だけがまだ終了していない様子。そこへお玉おばさんとおぼしき女性が入っていったので、私もはいってみました。はいってびっくり、満席じゃないっすか。それも話が白熱している。最後のまとめだけをうかがいつつ、おぼしき女性に声をかける「お玉さんですか?」「ハイ」「私がサツマアゲです」とお玉おばさまを捕捉。ここで軽いご挨拶とあいなりました。
そして、ナマの津久井先生もしっかりウオッチしてまいりました。想像していたよりはるかにスリムで、お若いのにちょっとびっくりでした。ただし先生とはタイミングがあわずご挨拶にはいたらず、残念。

昼一時間の休憩をはさんで池田香代子さんの講演ですが、大ホール満杯でした。おぉおお!老若男女これだけあつまると結構迫力です。そりゃっあ神戸市の全人口からみたら、まだまだわずかかもしれませんが、いまの時代への明確な危機感と、憲法にたいする明確な思いをもった人たちがこれだけあつまるというのはとても素晴らしいことであります。池田さんの講演ですが、はっきりした主義をもったワタシ的には、少々根性の悪いツッコミがどんどん頭から湧いて出てくるのですが、そういうのは止めにして、フラットな気持ちで聞かせていただけば、退屈することのないおもしろい話でした。以外なほどに、早口でジョークを飛ばしまくるさまは、想像していたキャラよりはるかにユニークな方でした。


いやはや理屈抜きでおもしろい講演でした もっとストイックな方かとおもってますた
P1000228(1).jpg



今日はどうしても帰らねばならない時間がきまっていたので、講演をきいたあと、残る演目に後ろ髪を引かれつつも会場をあとにしました。途中、ホールをでたあとお玉さまが”お玉発見割引”分の払い戻しを用意していてくださったのですが、まずい段取りで遅刻をしたため受付で発見できなかった私に問題があるのでいただけません。とはいえ、他人様の好意を素直に受け取れない者に人民大衆を獲得することはできないか、てなことも帰りの道々反省したりして。まあ、一期一会ではありません、来年もまた参加させていただこうとおもっています。その節はダブル割引ということでヨロシク。当方もこんどはお国がしれるような手土産持参でまいりますzo。

そうそう、お玉おばさまに有名ブロガーお二方を紹介していただきました。一方は毎度辛いコメントばかりしているので、おもわず恐縮してしまいましたwa。
もう一方は明快な論理と熱いパトスを感じることができる記事やコメントを書いておられる方で、本当にお会いできて光栄です。お忙しいさなか長話でご迷惑をおかけしてすみませんでした。

みなさまおつかれさまでした。とてもよい集いでした。来年もよそもんですが越境参加させていただこうとおもっています。今後ともよろしくお願いいたします。



敗戦記念日
今日は8月15日 いわずとしれた日本帝国主義の敗戦記念日だ。あくまで敗戦記念日であって、「忍びかたきを忍び」国民のためにポツダム宣言を受諾することを天皇が決断したことによって自発的に”終戦”をむかえた日ではない。

今年は昨日と今日が私とローザのお盆休みとなった。例年よりすくない休みとなったが、世の中不況継続中なのでそれもまたいたしかたない。昨日は前日のビックな残業がこたえてブログの更新もままならぬまま、終日家で静養していた。

今日はせっかくの休みということで、夫婦で映画を見に行くことで意志一致していた。”星守る犬問題”以降いっしょに出かける機会をつくるようにしている。先週は美術館へ行ったし、映画にも頻繁に行くようになった。今日は私的には「踊る大捜査線」あたりを希望していたのだが、「CATERPILLAR」をみようとローザが言う。

「なにそれ!ガンダム系?」と私
「戦争に行って両腕を失って帰還した兵のお話だよ」とローザ
「なんか重くて暗そうな映画じゃん」と私
「だから一緒に行こうっていうのyo」とローザ
「あんたがオススメの映画っていつもハズしてるじゃん。このあいだの『第9地区』も」と私
「色々見ていれば映画にもあたるってもんでしょ」とローザ
「ほいじゃあ、それでいいけどぉ」と私

そんなわけで、昼過ぎからド田舎から車を走らせ、街まででかけていってみてきた「CATERPILLAR」。

驚いたのは、結構客がはいっている。コアでマニアックな演目を得意とする小さな映画館なのだけど、連日満席の模様。私らが入った時もまんせきだったし、その客層が実に年齢性別にかかわりなしの様子だった。
どうもポスターを見るに”右翼”系だったら憤慨しそうな内容のようなので、そのラインはないように思われた。まだまだ捨てたもんじゃない、左翼やリベラルはいまだ健在だ。

この「CATERPILLAR」の監督は若松孝二、あの「実録連合赤軍あさま山荘への道程」の監督だ。そしてポスターには「忘れるな、これが戦争だ」とコピーがはいっている。

始まりのシーンは中国人民の民家に火を放ち、逃げ惑う婦女子を二人の兵が追い詰め強姦し殺害するところからはじまる。つづいてとある日本の農村の風景の中で、出征する若者を歓喜の声でもって送る村人たちの行進へとシーンはかわる。その行進にむかって1台の軍関係のものと思われる乗用車がすすんでゆく。

黒川家より出征していた久蔵が傷痍軍人として帰還してきたのだ。驚きと、恐れの感情から震えを抑えることができない久蔵の妻、父親、妹、弟。久蔵は四肢を失い、顔に火傷を負い、喉を切られて帰ってきたのだった。「生きた軍神」と祭り上げられる久蔵と妻シゲ子の苦闘が敗戦の日まで淡々と綴られてゆく。

はっきりいって、私的にはあまり見心地のいい作品ではなかった。似たようなテーマのものとしては、「ジョニーは戦場へ行った」のほうがはるかにすぐれているようにおもえた。とはいえ、今日の敗戦の日に見る映画としてはそれもアリかと。話は当時の戦争遂行機関としての地域コミュニティーの問題性や、戦争被害者と加害者の二面性もきっちりおさえられている。なによりスケールとしてはとても小さな、いち家族の物語として描かれているゆえに、リアリティーはあるだろうとおもった。

ところで、見終えてローザに 「CATERPILLAR」ってお題はどういう意味かと問えば、「戦車の車輪についてるやつでしょ、わからない」という。「 『CATERPILLAR』つーのはyo、『毛虫』のことだってば」と私。
ついでに、いろいろとツッコミ問答をしたところ、彼女が映像からうけとった情報がシーンのつながりのところで欠落していることがわかる。

「もう一度みたら、わかるかしら」とローザ
「おいおい、あれをもう一度みるってか」と私

でも、そんな彼女は私にはおよびもつかないネイティブな”左翼”であることは否定できない。
よろしかったら皆様方も重くて暗いですが、ごらんになってみてくださいませ。「CATERPILLAR」

おはり





星一徹にみる”抑止力”



最近懐古趣味がすぎるかなって少々おもいつつも・・・

お話は第二次世界大戦まえのこと、巨人軍に星一徹さんという、それはそれは、すんばらしい三塁手がおりました。名選手としての名声を博しておりました。同僚には、打撃の神様とよばれた川上哲治がおりましたとさ。

将来を期待されていた一徹さんでしたが、やがて世は不幸な帝国主義の侵略戦争の時代へと突入してゆきます。一徹さんは革命家ではなく野球人なので戦争に動員され戦地へとおもむきます。

戦争は日本帝国主義の敗戦で終結し、ラッキーなことに一徹さんは生きて帰還し、巨人軍に職場復帰をはたします。平和な時代の到来に、おもいっきり野球をするぞぉ!とはりきる一徹さんでしたが・・・

アキマヘン、送球に以前のような切れとスピードがありません。走者をさすことができないのです。そう、一徹さんは戦地で利き腕を負傷していたのでした。

一徹さんは凹みます。これでもかぁ!というくらい凹みました。だいの仲良し、川上さんも、ちょっと離れて陰から、そんな彼をとってもとっても心配そうにみつめています。

再起はないようにおもわれた一徹さんでしたが、そこは天才、必殺技をあみだします。”魔送球”です。魔送球は走者の頭めがけて飛んできたボールが直前で球筋をかえ、走者がビビって固まっているあいだに、塁手のグローブにおさまるというものです。

それをみた、川上さんは一徹さんにいいました。「それは邪球だ」と。一徹さんはいいました。「ほんとに当てるわけじゃないんだからいいじゃん」と。川上さんはいいました。「当たらないってわかったら走者は無理をしてでも塁にとびこむようになるゾ」と。

一徹さんはいいました。「そ~したら、たまにはマジで当てたらいいさぁ」と。川上さんの頭は爆発しました。怒りのオーラが全身からでています。そしていいました。「かの偉大な投手、沢村栄治は、俺の誇りは一度も頭を直撃するような球をなげたことがないことだといっていた」つづけて「一徹さん、アンタには栄光の巨人軍の選手である資格はない!すぐに去るがよい」と。

特大ネガポジ反転で描かれる一徹さんの顔、事の浅はかさを諭され、静かに立ち去る一徹さんなのでした。後に”幻の名三塁手”とよばれる男の半生にみる、”抑止力”のお話でした。

をはり


追記 今回は”イソップの言葉”で書いてみました。賢明なみなさんにはわかりますよne。


Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。