たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新疆ウイグル暴動
ここ数日、当家でのいちばんの話題は、”新疆ウイグル自治区”での暴動闘争と中国スターリン主義の一片の慈悲もない徹底した弾圧の酷さにたいする激しい怒りだ。

当家は新疆ウイグル自治区での暴動闘争への決起を断固として支持し、中国スターリン主義のウイグル人民への抑圧搾取収奪を激しく弾劾し、反革命的武力弾圧に激しく抗議するものである。

死者が156人をふくむ死傷者は900人をこえ、拘束者は1434であるとスターリニスト自らが公表している。おそらく、実数はそれをはるかに上回るに違いない、群衆に向かって無差別に発砲くりかえしたそうで、実に許し難い行為である。

このたびの暴動闘争の引き金となったのは、広東省の玩具工場で、漢人の従業員が解雇された腹いせに流した、ウイグル人に漢人の女子工員が暴行を受けたというデマに、反応した漢人が鉄パイプ等で武装し、ウイグル人の寮へ未明武装襲撃をかけ、ウイグル人の死者2名を含む双方で100人以上の負傷者をだすという惨事であったようだ。

実に痛ましい出来事である。資本に抑圧搾取収奪されし労働者が、より立場が弱く、それゆえ、より激しく抑圧搾取収奪されし出稼ぎ労働者を抑圧する。そんな差別・排外主義的な態度にはげしい怒りと同時に、たいへん悲しい思いを感じる。さて、常日頃、中国「共産」党が一党支配をする中国を共産主義であると認識している方が、右翼的勢力をはじめとして圧倒的多数であるという現実は、”反帝国主義・反スターリン主義ー世界革命”運動の後退ともあいまって、認めざるおえないことではある。

しかし、そうしたうえで、当家は中国「共産」党=中国スターリン主義の反共産主義的態度を非難することに一点の迷いも曇りもないが、反共右翼勢力と合唱するものでは全くないということを明らかにしておかねばならない。そもそも、共産主義は歴史的な一定の経済発展の段階に符合したブルジョア的な国家という”縄張り”が、さらなる世界的規模での経済発展の段階に符合すべく”縄張り”それ自体が桎梏となり、それを突破しようとする試みとしてあるという側面がある。

であればこそ、”万国の労働者は団結せよ!”というスローガンがみちびかれるものであり、民族的な対立をいかなる困難があろうとのりこえて、ともに手を結び肩を組み合い、自由で等しく平等な人間として共存してゆくことをめざす”人間解放”の事業が共産主義運動でなければならない。中国スターリン主義は、いま、小平の引いた「改革開放」路線のもとで外国資本を導き入れ、それを梃子に急速な資本の蓄積をなしたが、それは国際資本主義体制に自らを組み込むことによって獲得された経済発展の代償に、一国社会主義のもたらす一定の政治的安定を根底的に突き崩すものとならざるおえない。

めまぐるしく市場の規模を拡大縮小しつづける、安定なき資本主義経済の荒波に巨大なマーケットでありファクトリーである中国経済は翻弄され、現下の世界恐慌の矛盾はその規模の大きさからしても、その矛盾はもっとも先鋭的に中国経済へとむかわざるおえない。そうした矛盾は中国人民の頭上に災いとして降り注ぎ、災いへの不安、憤りは、さらに歴史的に抑圧され続けてきた少数民族へと向けられる。そこには、本来の共産主義とはおおよそ縁もゆかりもない、”異質な機構”が支配している。

一触即発”殺し合い”になるような厳しい修羅場のような生産現場で生産された労働の成果を商品として、100円ショップで安価に手に入れることが私たちはできる。そうしたことが、中国人民とウイグル人民の抑圧搾取収奪に根本的なところで荷担しているということに無自覚なまま、帝国主義本国で政治と暴力から疎外されて暮らす私たちには、彼らの闘いが民主主義の”未熟”とうつるかもしれない。

しかし、民主主義は天から降ってくるものでもなければ、地から湧いて出てくるものでもない。それを認めようとしないものたちとの闘争によってのみ勝ち取られるものだ。暴力は、人間の共同性の極限的な対立的表現であるからこそ、死をも恐れぬ不屈の闘いは抑圧者に与する者たちに深刻な葛藤を必ず生み出すものである。
堂々たる大儀をかかげて、真剣に拳を交えてこそわかりあい、獲得できる地平がある。吹けばとぶような上辺だけの話し合いでは到達することのできない、それが本当の”民主主義”であるとおもう。

私たちも、そうしたものとして本当の”民主主義”を獲得してゆかねばならない。そして、それが成就したとき”民主主義”という言葉は無用のものとなる。その過程をもって反スターリン主義の闘いに合流してゆかねばならない。帝国主義本国に生きる私たちは、自国帝国主義との闘いを通じてのみ反スターリン主義の闘いはつきだされるのであるとおもう。胡錦涛がことの深刻さに、イタリアよりすっ飛んでかえり、徹底弾圧を宣言したようだ。打たれれば打たれるほど激しく、そして、一度二度と鎮圧されようと、決して終わることのない闘いが民族解放の闘いだ。人類はこの困難な課題を乗り越えねばならないが、そのための歴史的試練のときはすぐそこまできているように思われる。

亡くなられた多くのウイグル人民に合掌。



スポンサーサイト

イスラエルによるガザ空爆を怒りをもって弾劾する
イスラエルによるガザ空爆を怒りをもって弾劾する

---------------------------------------
「ガザからのメール」  
ガザ・アル=アズハル大学英文学科・アブデルワーヘド教授が発電機で電源確保して発信しているものを転載します。

>>
******   転送歓迎 ****************

25の建物がイスラエルに空から攻撃された。建物はすべて地上レベルに崩れ去った。死者はすでに250名に達する。負傷者は何百人にものぼるが貧弱な設備しかないガザの病院では、彼らは行き場もない。電気も来ないが、ディーゼル発電機でなんとかこれを書いている。世界にメッセージを送るために。携帯電話もすべて使用できない!

Sent: Saturday, December 27, 2008 8:03 PM

転送歓迎***********

なんという光景だ。数分前、パレスチナ側のカッサーム・ロケットが飛んでいく音が聞こえた。続いて、もう一つ、そして爆発音。2発目は、パレスチナ人を標的にしていたイスラエルの機体から爆撃されたものと思われる。今、聴いたニュースによれば、イスラエルのアパッチ・ヘリが攻撃したのは、釣堀用の池のあるリクリエーション・グラウンドだという。シファー病院は、195人の遺体、570人の負傷者が同病院に運ばれていると声明を発表している。刻一刻と死傷者の数は増え続けている。これはガザ市だけの数字だ。ほかの町や村、難民キャンプからの公式の発表はない。自宅アパートの近くで末息子がスクール・バスを待っていたところ、以前、国境警備局があったところが攻撃された。息子が立っていたところから50メートルしか離れていないところで、男性二人と少女二人が即死した!
真っ暗な夜だ。小さな発電機を動かして、ネットを通じて世界と交信している。

From: prof abdelwahed
Sent: Sunday, December 28, 2008 1:03 AM
Subject: Gaza at 6:00 p.m.

転送歓迎***********

今宵、ガザの誰もが恐怖におびえている。完全な暗闇。子どもたちは恐怖から泣いている。死者は206人。遺体はシファー病院の床の上に横たえられている。負傷者は575名をうわまわるが、同病院の設備は貧弱だ。病院事務局は市民に輸血を要請している。教員組合は虐殺に抗議し3日間のストライキを決定。イスラエルの機体がガザ市東部を爆撃、大勢の人々が死傷した。犠牲者の数は増え続けている。瓦礫の下敷きになっている人々もいる。一人の女性は二人の幼い娘と一人の息子を亡くした。彼らは通学途中だった!

From: prof abdelwahed
Sent: Sunday, December 28, 2008 3:03 AM
Subject: Gaza at 8:00 p.m.


転送歓迎

11:00pm。イスラエルのF16型戦闘機による、複数回にわたる新たな爆撃。ガザでは3つのテレビ局を視聴できるが、これは電力をなんとか確保できた場合の話だ。空爆はガザ市東部に集中。ある女性は10人の家族を失った。生き残ったのは彼女と娘一人だけだ。娘はメディアに向かって、何も語ることができなかった。何が起こったのか見当がつかない、と彼女は言う。町のいたるところでパニックが起きている。最悪の事態が起こるのではないかとみな、恐れている。エジプト、ヨルダン、レバノンで、この残虐な空爆に対するデモが行われた。死者数は、219以上にのぼる。225という説もある。(アブデルワーヘド、ガザ)

Sent: Sunday, December 28, 2008 6:09 AM
Subject: RE: Gaza Crisis


転送歓迎********

今晩、爆破のせいで窓ガラスが砕け散った家庭にとっては冷たい夜だ。ガザの封鎖のため、窓ガラスが割れても、新たなガラスは手に入らない。私が居住するビルでは、7つのアパートが、凍てつく夜をいく晩もそうした状態で過ごしている。彼らは割れた窓をなんとか毛布で覆っている。何百軒もの家々が同じ境遇に置かれているのだ!私に言えることはそれくらいだ。他方、ハニーエ氏は地元テレビでハマースについて話をした。彼の話は、士気を高め、ハマースは屈服しないということを再確認するものだった。死者の数は210に、重傷を負った者もも200人に達した。今また、ガザの北部で新たな爆撃が!(アブデルワーヘド、ガザ)


転送歓迎*******

今、10分のあいだに5回の空爆。標的は人口密集地域の協会や社会活動グループ。モスクもひとつやられた。もう30時間、電気が来ない。なんとか小さな発電機でこらえている。インターネットで世界に発信するためだ。

From: prof abdelwahed
Sent: Sunday, December 28, 2008 6:40 AM
Subject: FW: Emergency Alert: Take Action to End Israeli Attacks on Gaza

*******************

今しがた、イスラエルから何者かが電話してきた。末息子が応答したが、電話の主は、私が武器を所有しているなら、住まいを攻撃すると脅しをかけてきた。
(アブデルワーヘド、ガザ)

ですぺら http://black.ap.teacup.com/despera/367.html
目黒さまのところより転載させていただきました。

---------------------------------------

多くの人が傷つけられ、命を奪われつづけている。許し難い暴挙である。イスラエルによるガザ空爆、パレスチナ人への虐殺行為を心のそこからの怒りをもって弾劾する。

アメリカ帝国主義の中東支配の先兵にして、番犬国家イスラエルにたいするパレスチナ人民の闘いの歴史は長い。多くの同胞の死をこえてパレスチナ人はシオニストの暴虐に抗してきた。

シオニストは手強い、強力な政治的軍事的な後ろ盾が彼らに未曾有の力を与えている。
アメリカ帝国主義を基軸とした国際帝国主義とイスラエルとの連携を断ち切らねばならない。でなければ、パレスチナ人の闘いに勝利が訪れることはない。

そうした支配の連鎖を断ち切る闘いは、我々帝国主義本国で暮らすものたちの責務である。まずは声をあげよう。シオニストの暴挙を弾劾しよう。そして、先ずはほんの小さなことでもいい、自国帝国主義を打倒することをもってパレスチナ人への連帯の証とするために、何ができるか考えよう。




「ごね得」 怒!!
中山成彬国土交通相が成田空港の拡張の遅れに関して、反対派の農民に対してごね得という暴言を吐いた。

実に許し難き暴言であり、満腔の怒りをもって抗議の意志をあらわすものである。

そもそも三里塚闘争は、一方的な閣議決定にもとづき農民の意志を一顧だにすることもなく、国家権力機動隊のむきだしの暴力をもって農民を踏みつけ、空港建設の着工を強行したことに始まるものである。

反対派農民の願いは反対同盟結成の日から一貫してただ一つ、「今まで通りこの土地で農業をつづけたい」なのだ。このことのいったいどこが「ごね得」なのか!!

そんなごく当たり前の願いを貫くべく、「農地死守、一切の話し合い拒否、空港絶対反対」の非妥協の実力闘争を続けてきた農民に対して、24時間年中無休の国家権力機動隊による重包囲と日常的嫌がらせ、法治の仮象をもかなぐり捨てた階級的お手盛り法解釈による土地収奪、強制代執行という恫喝をちらつかせつつ、その一方で人の弱さにつけ込んだ札束で横っ面を叩くような卑劣極まる懐柔策を弄しひたすら反対同盟の分断解体を画策してきたのは政府の側ではないか。

そうした国家の全体重をかけた攻撃のもとに、人間関係をずたずたにされ泣きの涙で去って行かざるおえなかった方もおられた。だが、いまなお初心を頑として貫徹しておられる農民の方々は「ごね得」などでは断じてない!三里塚闘争は43年の永きにわたり次の世代へと引き継がれながら不屈に日々闘われている筋金入りの非妥協の実力闘争である。

中山成彬なる「政治家」の暴言はそれを知らぬがゆえの誹謗中傷なのか、はたまた知った上での挑戦状なのか。前者であれば日本帝国主義ブルジョア政治委員会に名を連ねるに値しない、末席を汚すにすぎぬ虚け者であり、後者であるならばいずれ「ごね得」と言う暴言を吐いたことを心底後悔して暮らすことになるであろう。

民衆の怒りはダイナマイトのようなものだ。火がつかなければ痛くも痒くもない。しかし、ひとたび火がつけば一夜にして情勢を一変させる。そんな火種が明々と三里塚ではいまも燃えている。


大地と共に生きる三里塚農民 国策のなのもと暴力で土地を奪う国家とは何か?
それが許されるなら 我々に自由はもはやない
Tomb Raider Legend



入学式
千葉県立八千代西高校(八千代市、大迫太校長)が、入学金の未納を理由に新入生2人を入学式に出席させなかったそうだ。昨日出先から帰る途中、車のラジオで聞いた。
すっげ~ことをしたもんだ。これが、まず一頭に浮かんだ言葉。衝撃の出来事だった。

学校側は事前の説明で、入学式当日に入学金を持参することも、分納も可であることを伝えていたそうであるが。
まあ、給食費の未払いとか、支払い能力があると思われるにもかかわらず授業料を支払わないことがあるとは聞いているが、それにしても高校生活の門出でいきなりゼニカネで門前払いとは・・・

すばらしい高校である。開いた口の顎が地の底までおちる。さぞかし素晴らしい授業をするのだろう。成績アップの結果が出せないような授業なら授業料を返してもらうと事前に説明して、授業料の返納を求めることを是認するものであろう。

この2人の家庭のもつ個別具体的な事情は知る術もないが、それを知っても知らなくても人道的な立場から入学式から排除したという事実を非難するものである。
あとでじっくり話し合えばいいことではないか。さまざまな問題をはらんだ「新」教育基本法でも
1.すべて国民は、等しく、その能力に応じた教育を受ける機会を与えられなければならず、人種、信条、性別、社会的身分、経済的地位または門地によって、教育上差別されないこと。
3.国および地方公共団体は、能力があるにもかかわらず、経済的理由によって修学が困難な者に対して、奨学の措置を講じなければならないこと。

としているではないか。入試を通過したのだから、能力はあるのだろう、ならば入学式のあと 国および地方公共団体を交えて話し合えばいいのではなかったか。コイズミ&タケナカの怪しげな「改革」で、儲かって儲かって仕方がない独占資本ほんの一握りの労働貴族たちのはるか地の底で庶民は死ぬほどの労働を強いられる者、派遣の不定期雇用と低賃金に苦しむ者で社会は満ち満ちているのだ。そんな世知辛い世の中の矛盾を15歳の子供に生に味わわせるようなまねを良識ある大人がしなくてもよかろ。

なんにしてもこの入学式から排除された2人の生徒が気の毒でならない。「極左」の私なら間違いなく机の一つも蹴り倒してこっちから願い下げだぁ!といって帰るだろう。
こうした、資本が生みだす矛盾が資本をやがて打ち倒す変革の種となるのである。
どうか、この2人の生徒が入学後も周囲から不当な差別やイジメに遭わないことと、この屈辱を金色夜叉の間貫一となってはね返すようなことがないことを願いたい。がんばれぇ!



寛一お宮


怒!その2
ちょうど、20年前のこと南国土佐に旅をしていたころ、ソウルオリンピックは開催中で
鈴木大地選手がかのバサロで金メダルを獲得した。ちょうどそのころ、昭和天皇は生死の境を彷徨っていた。度重なる下血に、とれたて新鮮な人民の生き血を輸血して命をつないでいた。報道は後の高知県知事となる橋本氏が張りつき、氏の顔はひろく人民の知るところとなった。

そんなマスコミの昭和天皇の病状を伝える報道に宮内庁より圧力がかかった。確かな記憶ではないのだが「下々のものが陛下のご病状にたちいってもの申すは恐れ多いことである」といったことだったとおもう。マスコミは一気に自主規制モードに移行し、庶民のあいだにも祭りの取りやめなど自粛ムードが広がった。

日本という民主主義国家を超越してある、唯一無二の天皇という特別な存在は、国民の知る権利も、報道の自由も、いともあっさりと自らに制限を課すことを躊躇させない存在なのだとそのとき実感した。それほどに、天皇はいまなお、ふれることの許されないイデと国家暴力の手厚いガードに包まれている。

この天皇制と日の丸・君が代そして、靖国は三位一体をなす。

いま、政治系ブログのあいだで、左右入り乱れて様々に論じられている。映画「靖国」の上映中止問題なのであるが、私は表現の自由へたいする政治の不当な介入であり、国民の権利を踏みにじる行為であると考えている。

上映を予定していた映画館の公式発表によれば、右翼の街宣車による情宣行為に危機をいだいての上映中止であるとのことである。それならプリンスホテルの日教組集会の会場ドタキャン問題と同レベルの問題であり、そうした天皇制ボナパルティストの暴力行為を断固として糾弾してゆかねばならない。

しかし今回の問題はそれとは異次元の問題である。極右発言で世間をあっといわせることで有名なる稲田朋美代議士が「靖国」製作にあたり補助金をだした文化庁に圧力をかけ、文化庁に試写会を準備させ、80人もの代議士とともに試写会に臨んだのである。
試写を終え、稲田代議士は「偏ったメッセージがある」と言いはなったそうである。

稲田代議士は、文字通り代議士であり、権力細胞の1人である。同時に氏は日本帝国主義政治委員会の表組織ともいえる、日本会議の公然メンバーである。そんな氏が80人の代議士とともに試写会に訪れ、「偏ったメッセージがある」といえば、映画館が守るべき表現の自由をすすんで放棄してしまったことは誠に情けない限り、ともいえないのではなかろうか。

上映を中止した映画館の中には、かなりきわどい問題作を臆せず上映してきた、根性のある映画館もあったと聞く(非国民研究開発さまよりの情報)。まさにその点に鑑みても、この稲田氏の組織した80名による試写会は、あからさまな表現の自由への政治介入であり、表現の自由を脅かすものとして、大きな圧力をなし、萎縮効果をもたらしたものであると思う。

そして、名古屋では「靖国」の上映を予定していた名古屋シネマテーク に日本会議愛知県本部西三河支部幹事長杉田謙一氏他が訪れ、恫喝をしたそうである(当人のブログ「草莽の記」より)。靖国におよび遊就館を訪れたことのないシネマテークの代表と支配人に杉田氏は早急に上京し、参拝および拝観を要求した。代表と支配人は速攻上京して、靖国へとむかったことから、事は軽く受け流せるようなものでなく、重大な事態であったことがうかがえる。

日本会議をつながりとした、表現の自由への政治介入と、それに呼応した天皇制ボナパルティストの跳梁跋扈を許してはならない。断固とした糾弾の声をありとあらゆる合法的手段を用いてあげてゆこう。
今回の出来事は権力内部の一部極右の跳ね返り分子と天皇制ボナパルティストの反動的策動ではあるが、折からの日の丸・君が代における踏み込んだ強制の方針に相対するものであると私は考える。あきらかにアドバルーンである。民衆の反応を注視しているものである。ここできっちりと反撃をしておかなければ、転石坂を転げるがごときこととなろう。

言論の自由、表現の自由、思想信条の自由、集会結社の自由などなど自由権を浸食、解体することを通して、国民誰もが日の丸を高く掲げ、君が代を高らかと歌うだろう。靖国は国家に命を捧げることを厭わない思想を再び担保し、天皇もまたは人から神となり国民のはるか頭上に君臨することとなろう。この邪悪な3つの封印を解かしてはならない。二度目は茶番劇なのだから。

Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。