たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしはずかし
よぉっし! 勝ったぞぉ!! 名護市長選で移設反対派の稲嶺氏が勝利した。

今後の展開に大きな影響をあたえるであろう重要な勝利です。そっちょくに、諸手をあげて万歳です。


そんなおもいと、あるみさんからロックはワルシャワンカが最高との意見を真っ正面からうけとめ、ひさびさに経済系の話をかこうかとおもっていたのをあっさりと放棄し、”女解”からの「ナンセンス」という声が幻聴のように聞こえるのをスルーして、とんでもないものをアップし、逃げるように寝ることにします。おやすみなさいまし。





追記 最近YouTubeで革命ソングがひとところより増えているようにおもいます。ご時世なのでしょうか。よい傾向です(^_^)v

スポンサーサイト

”Epitaph”



昔の昔のその昔、花のお江戸の真ん中の砲台に楽団連というサークル団体がございました。その執行部の一人はロックで世界をかえると信じて疑わないひとでした。ロックで革命をやろう!みたいなノリでした。
今風に理解するならば、「労働運動で革命をやろう」とそうかわらないようにもおもいます。

そんな彼を「三里塚へいこうぜ」とオルグしに、彼の下宿を訪ねたときのことでございます。
彼の部屋で私が見た光景というのが、真っ暗な部屋の中で蛍のように一点輝くタバコの灯、部屋の隅でヘッドホーンをつけ、涙を流す彼の姿でした。

そのとき彼が聞いていたのが、これ、”Epitaph”だったわけなのでございます。彼曰く「この知識は邪悪な友達っていうフレーズが泣かせるんだよなあぁ」とのことでした。当時、フュージョン系には関心が薄かった私としては、「は~、そうですかぁ」というかんじだったのですが、それを突破口にクリムゾン・キング論全面展開に圧倒され、本懐をとげるに至らず、すごすごと退散したのでありました。

そののち、事の次第を指導部に報告すると、クリムゾン・キングは素晴らしいとのお墨付きをいただき、なけなしの金でアルバムを買ったのでした。たしかに、聞き込むほどになんともアジのあるスルメのようなサウンドにすっかり魅了されてしまいました。

それから数十年の月日が流れ、つい先日Youtubeなんぞを徘徊していてたまたま発見した”Epitaph"。しかも、しかもですよ、ザ・ピーナッツが歌っているではありませんか。ザ・ピーナッツといえば、おじさんがご幼少のころ「モスラ~ゃ! モスラ~ぁ!」で一世を風靡していた、言わずとしれた双子の姉妹であります。まさか”Epitaph"を歌っていたとは知りませんでした。とってもレアな一品と言うことで、貼らせていただきました。

オリジナルの鬼気迫るようなボーカルにくらべれば、お上品で、線が細すぎますが、まあ、こんな人がこんな歌を歌っていたということで、もしかしたら、激動の世界情勢のなかで、今一度革命的左翼ががっつりと立ち上がるなら、浜崎あゆみが、KGBじゃなくて、AKB48が堂々と”ワルシャワ労働歌”を歌い、民衆が熱狂する日が来るやもしれません。

それはさておき、Youtubeのコメントにもかかれていましたが、訳詞がとても秀逸です。アルバムのなかで書かれていた訳詞よりも断然よいです。そこらへんを味あうようにみていただけたらということで・・・

それにしてもこんな歴史的キャプチャーを保存していた人はただものではござらぬな、団塊の世代にして隠れ革命的左翼系業界人でしょうか?



ワロタ
おもたい話がつづいたので、今日はかるいのをいきまする。

たまたまネットで捜し物をしていて遭遇。おもわずワロタ
おいら、猫好きだけど、さすがにファシストとスターリニストに似てたら引くなぁ。
レーニン猫はとてもかわいい。はたしてマジ? コラ?

doraneko080521.jpg



そしてもうひとつ、たまたま出会い頭的に発見。いったいどぉーすると、できるのか教えてちょーだい。プロジェクトX(ぺけ)のパロディー。おもわずまじっすか!





愛唱歌4


ずいぶんと古歌なのですがすきです”夜明けのスキャット”。由紀さおりの隠れファンです。

流行まっただ中には少年だったので、その意味深な歌詞とまあいまってさしたる関心もなかったのですが。学生だった頃、夜社防明け間近、うっすらと朝日が昇ってこようかというとき、ヒソーリとコソーリと聞いたラジオでこれが流れたのでした。

こんな美しい歌があるのだろうかと、昇る朝日とあいまって激しく感動したのでした。
それいらい、ときどき思い出したように聞き入ってます。多くの場合は納期間近で徹夜なんぞして明け方に聞くのですが・・・ そういった意味ではハッピーソングではないっす。

今日も簡潔にてお粗末様です。徹夜にはならないでしょうが、もうちょっと頑張らねばなりません。荻窪さまお返事は明日ということでごめんなさいm(_ _)m


愛唱歌3


世情
歌詞 中島みゆき
作曲 中島みゆき

世の中はいつも 変わっているから
頑固者だけが悲しい思いをする。

変わらないものを 何かにたとえて
その度 崩れちゃ そいつのせいにする

シュプレイヒコールの波、通り過ぎてゆく
  変わらない夢を、流れに求めて
  時の流れを止めて、変わらない夢を
  見たがる者たちと、戦うため

世の中はとても臆病な猫だから
他愛のない嘘をいつもついている。

包帯のような嘘を見破ることで
学者は世間を見たような気になる

シュプレイヒコールの波、通り過ぎてゆく
  変わらない夢を、流れに求めて
  時の流れを止めて、変わらない夢を
  見たがる者たちと、戦うため



私は隠れ”中島みゆきファン”なのである。まあ、隠れてファンである理由はあるようで無いようで、ちょっと微妙なのだけれど。

それはともかく、この”世情”は好きな歌のひとつだ。なかなか含蓄のある歌詞がついているわけだが、なにがいいって、やっぱ”シュプレヒコールの波~♪・・・”のくだりが重厚な明大グリークラブのコーラスとあいまって熱い思いを呼びおこす。私はこのスライドの中に登場する東大安田砦攻防戦や国会前に結集した30万人のデモを生で経験したものではないが、まるで大地のどよめきのような轟々たるシュプレヒコールを体感したことはある。

たくさんの人が思いを一つに集い、圧政に抗する明確な意志を高らかと叫ぶ、それがシュプレヒコールだ。それは、分断されアトム化した”人”が”人間”へとたちかえる時の声だ。 ブルジョア社会のほころびが崩壊へと突き進むとき、民衆はこの熱いシュプレヒコールをもって滅び行く「社会」に引導を渡してやらねばならない。でなければ、この「社会」は再び民衆のおびただしいばかりの生き血をすすりよみがえるだろう。

”時の流れを止めて、変わらない夢を 見たがる者たちと、戦うため”

Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。