たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年はお仕事が忙しい。儲かって暮らしがよくなるわけでもないので、ただのくたびれ儲けなのだけれど。とはいえ、毎度のセリフなのだが「明るいニッポンの夜明け」をみるまではとにかく生きてゆかねばならないので賃労働に励むのである。

てなわけで、さきにもふれたがバイオハザード4にずっこりはまってしまったせいもあって、すっかりとブログの更新を放棄してしまった。これほどはまったのはTOMB RAIDERいらいのことである。わりと武装せる園芸家は凝り性で、はまると抜け出せない性分なのだ。

元来の拙いブログに、更新の放棄が付け加わったら訪れてくださる方など皆無となろうところと私は考えていたが、にもかかわらずのぞいてくださる方がおられることはとても感動的ですらある。根っからの筆無精にして、勉強嫌いの浅知恵モノゆえお許し下さいマシ。

あやまりついでに、武装せる園芸家は庭木にも詫びなくてはならない。全然庭仕事が進行していない。このところ一気に春めいてきて気温も上昇、バラの芽が動きはじめている。ようやく今日、鉢植え、地植え、つるバラ、全ての剪定が完了した。


剪定前のつるバラ
マダムアルフレッド・キャリエール


剪定後のつるバラ
つるバラ剪定後


剪定枝の山=トゲの山
剪定枝の山

すっかりと期を逸してしまった硫黄石灰合剤の散布はもうできないだろう。園芸をはじめて初めての失態である。なんとなくしょぼい春の予感。なんとかして取り戻し策動をせねばならない。次の日曜日に強力な武器を投入して一斉武装消毒をすることにしよう。放置し続けてきた雑草も一斉殲滅せねばならない、どうか雨が降りませんようにと祈るのであった。

さて、今日の園芸のメインの作業は、コニファーを7本切った。全長4mから6mほどの6年ほどそだてたものだ。針葉樹は葉と葉がふれあうほどに密生すると急速に枯れ込む。蒸れと日照が不足することが理由なのだろうが、いよいようちの猫額ガーデンもそのような状態をむかえたのである。


ばっさりと切り倒したのはブルーアイスという品種
コニファー 合掌1


合掌・・・
コニファー 合掌


去年からずっと迷っていたのだが、ついに踏ん切りをつけた。それにしても、たかが木とはいえ大切に育ててきたものを切って倒すというのは、あまり爽快な気分とはいえないものだった。全ては、数年あるいは数十年さきの景観をイメージして庭をつくる能力が不足していたことによるものなのだけど。
園芸は奥が深い、政治にははるか及ぶべくすべもないにせよ。だだ、それは無策の失敗を切って捨てることがゆるされないかぎりにおいての話ではあるが。合掌




Comment

 秘密にする

春ですね~
7本も切ったとは……思い切りましたね~。役目を終えたコニファーに合掌。

全国的に、水曜日まではお天気がいようですよ。私もぼちぼち再開しなくては。
こちら、チューリップの芽が出て、ヒヤシンスはつぼみも色づいてきていますが、全体にはまだまだです。
今週1度園芸店を覗いてこようかな~とも思いますが、苗木を買ってもまだ植えられる状態じゃないからなあ。せっせと地面作りに励みたいと思います。
美也子 | URL | 2008/03/17/Mon 08:13[EDIT]
いらっしゃいませ、美也子さま
>7本も切ったとは……思い切りましたね~。

確かに断腸のおもいでございました。でもまだ地を這うのやら、丸くなるのやら、杯状になるのやらで30本以上あるのでございます。どっしましょ(笑)

うちも植えっぱなし放置チューリップが葉をだしておりました。やはり放置ヒヤシンスも超小ぶりながら色づいておりました。バラの芽はガンガン動いてまして、グラミスなんぞはすでに葉を展開している模様。春はすぐそこまできているようです。近々バラの芽吹きの様子を特集いたします。お題は「春の予感」
薩摩長州 | URL | 2008/03/17/Mon 22:57[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。