たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入学式
千葉県立八千代西高校(八千代市、大迫太校長)が、入学金の未納を理由に新入生2人を入学式に出席させなかったそうだ。昨日出先から帰る途中、車のラジオで聞いた。
すっげ~ことをしたもんだ。これが、まず一頭に浮かんだ言葉。衝撃の出来事だった。

学校側は事前の説明で、入学式当日に入学金を持参することも、分納も可であることを伝えていたそうであるが。
まあ、給食費の未払いとか、支払い能力があると思われるにもかかわらず授業料を支払わないことがあるとは聞いているが、それにしても高校生活の門出でいきなりゼニカネで門前払いとは・・・

すばらしい高校である。開いた口の顎が地の底までおちる。さぞかし素晴らしい授業をするのだろう。成績アップの結果が出せないような授業なら授業料を返してもらうと事前に説明して、授業料の返納を求めることを是認するものであろう。

この2人の家庭のもつ個別具体的な事情は知る術もないが、それを知っても知らなくても人道的な立場から入学式から排除したという事実を非難するものである。
あとでじっくり話し合えばいいことではないか。さまざまな問題をはらんだ「新」教育基本法でも
1.すべて国民は、等しく、その能力に応じた教育を受ける機会を与えられなければならず、人種、信条、性別、社会的身分、経済的地位または門地によって、教育上差別されないこと。
3.国および地方公共団体は、能力があるにもかかわらず、経済的理由によって修学が困難な者に対して、奨学の措置を講じなければならないこと。

としているではないか。入試を通過したのだから、能力はあるのだろう、ならば入学式のあと 国および地方公共団体を交えて話し合えばいいのではなかったか。コイズミ&タケナカの怪しげな「改革」で、儲かって儲かって仕方がない独占資本ほんの一握りの労働貴族たちのはるか地の底で庶民は死ぬほどの労働を強いられる者、派遣の不定期雇用と低賃金に苦しむ者で社会は満ち満ちているのだ。そんな世知辛い世の中の矛盾を15歳の子供に生に味わわせるようなまねを良識ある大人がしなくてもよかろ。

なんにしてもこの入学式から排除された2人の生徒が気の毒でならない。「極左」の私なら間違いなく机の一つも蹴り倒してこっちから願い下げだぁ!といって帰るだろう。
こうした、資本が生みだす矛盾が資本をやがて打ち倒す変革の種となるのである。
どうか、この2人の生徒が入学後も周囲から不当な差別やイジメに遭わないことと、この屈辱を金色夜叉の間貫一となってはね返すようなことがないことを願いたい。がんばれぇ!



寛一お宮


Comment

 秘密にする

ひどい話ですよね。

学校、教育委員会の対応が官僚的、機械的過ぎますよね。

子供たちの気持ちを考えるのが教育の原点のような気がします。
まつ | URL | 2008/04/14/Mon 23:50[EDIT]
はじめまして まつさま
ほんまです、酷い話です。聞いて衝撃が頭をはしりました。
教育ってトンでもない方向にすすんでいるのだということを実感いたしました。

私らのころも貧乏な子はいましたけど、先生はいっしょになってあれやこれやと親身に相談にのっておりました。いまでは先生も超多忙でそうもいかないのかもしれませんが、もうちょっとマシなやりかたはいくらでもあったとはおもいます。

入学式当日までなんのアクションもおこさなかった親御さまもどうかともおもうおもいもあるのですが、「お金がない」というのはなかなか人には言えないシビアーにしてデリケートなことだとおもいます。私も貧乏してますから、そうおもいます。親御さまも深い苦悩のままに入学式当日をむかえたのではないでしょうか。くわしい事情がわかりませんので推測にすぎませんが。そういった事情を度外視してもサイテーの対応であったと思います。
薩摩長州 | URL | 2008/04/15/Tue 00:27[EDIT]
 私は、学校側のこういう対応はアリだと思いますよ。高校では学校長は授業料を納めない生徒を出席停止にする権限が法律上あります。ゼニを払わなかった以上、文句は言えません。
 ただし、出させてあげても一向に構わないとも思います。
 そもそも私は入学式も卒業式も大した価値なんかないと思うんですよ。自分のブログにも書きましたが、入学式も卒業式も、法的には何の位置づけもありません。やらなくても違法じゃないのです。現に私の大学は入学式がありませんでした。
 ああいう式典が大切なものだと思うから、厳粛に国旗国歌とか言い出して話がややこしくなるんですよ。
shira | URL | 2008/04/24/Thu 22:41[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。