たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の効用
うちは猫を6匹完全室内飼いにしていることは以前から書いていることなのだが、これがなんというか、建具や家具に爪をたてるは、障子は破くわの悪戯揃い。

とはいえ、縁があってうちで一緒に暮らすこととあいなったわけであるから、運命と思ってあきらめている。以前にもやはり書いたかも知れないが、これら猫たちはネズミの害を防ぐために野生を家畜として改良したイエネコ亜種なんだそうである。

敗戦帝国主義ニッポンの奇跡の先進工業国としての復活は、ケイジアンの後押しで国家主導のインフラ整備を高水準でなしとげた。おかげさんで、恐慌の危機は回避されゼネコンは潤い、財政は真っ赤になり、ネズミはほとんど目にすることはなくなった。そうそう、化学工業の発展による猫イラズの発明も画期的だった。

てなわけで、猫イラズは本当に猫イラズ状態を生みだしたわけである。
さて、今日はそんな肩こり話をするつもりはなく、イエネコがネズミをとらなくなった今、たんなる愛玩動物かというと、うちではゴキブリを猫がとるのである。

うちは、オープンキッチンスタイルなので台所がクローズされていない。ので、ゴミを溜めない、洗い物はしゃんしゃんするというのが鉄則になっている。ので、ゴキブリがでることはほとんどない。のだが、夏になるとさすがに1から2匹くらいは登場する。
するってーと一瞬にして、6匹の猫が集結し、包囲、猫パンチ、猫キックの猛打をもって殲滅するのである。あとは頃合いをみはからって戦後処理をすればそれでOKなのだ。

ここに私は、あらたな猫の効用を見いだした。うちの衛生管理の弱点は猫によって補完されている。とはいえ、すっかり角が研ぎ落とされた建具が許されるわけではないが・・・しょうがないよね。

別に会議をしているわけではありもはん どうやら外からコガネムシが進入した模様 コガネムシは風前の灯火
猫の会議


こうして寝ている姿をみると、かなりの悪事も許してしまう
おひるね



Comment

 秘密にする

拍手をいただきまして有り難うございました。
ご無沙汰しております。といっても、ちょくちょくのぞかせていただいて学ばせていただいておりますが。
猫さんたち、皆元気とのこと、よかったよかった。おかわりございませんか?
私はここのところ例の持病がちょっと出ております。まあ、日常に不自由は無い程度ですが、お薬はかかせません。もうちょっとしたら治まると思っております。

まだまだバラの開花は続きますので、よろしかったらまた見に来てくださいませませ。
薩摩長州 | URL | 2008/05/14/Wed 22:04[EDIT]
え、え~?
 ゴキブリ退治をするネコ!
 よくある話だとは思えませんが。
shira | URL | 2008/05/18/Sun 17:29[EDIT]
こんばんわshiraさま
猫さん的にはゴキブリ退治というより、それがハンティングの本能を刺激して止まないのだと思っております。うちの猫はみな完全室内飼いですんで、やはり大暴れがしたいのだとおもいます。

ときたま、猫グッズおもちゃでじゃらして遊ばせるのですが、大いに盛りあがります。
さすがにカメムシは悪臭を放って反撃するので、攻撃の手がゆるみますが。

とっても素敵な校長先生は大暴れをしてオイタするようなことはごさいませんか。
うちの猫たちはまだ若いこともあって、やる気満々の無法者の暴れん坊ばかりであります。

コメントいただきありがとうございました。
薩摩長州 | URL | 2008/05/19/Mon 00:09[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。