たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春6
たまには一知半解な政治や経済や猫さんの話題などにブレながらも、園芸ブログをはじめてよかったな~と思うのは、沢山のバラまにあ、園芸家の方々が開いておられるブログと交流することができることだと思っている。

園芸はとかく自分だけの閉じた世界として庭を造り、植物を育てるのであるが、そこはやはり、隣の庭が気になるものなのだ。今年も、「国際バラとガーデニングショウ」が所沢の西武ドームで開かれている。ぜひとも行ってみたいイベントなのだが、無念にも地方のド田舎に暮らす身&マルビンスキーなので、仕事はあっさり休業することも不可能ではないが、そこへ行くための貨幣がないのである。今年も無念!

この「国際バラとガーデニングショウ」での見物のひとつは、限られたスペースの中でテーマに沿ったさまざまな第一線級の造園家の庭造りを見ることができると言うことであるし、もう一つの見物は、バリバリのプロが育て上げたバラを見ることができることであると私は思っている。いわゆる、”本物”に触れることのできる数少ないチャンスの一つではないだろうか。

あいにく前述の理由により、行くことが叶わぬ私なのであるが、そんな「国際バラとガーデニングショウ」への興味にも負けないくらい、激しい興味関心を呼び起こして止まない素晴らしい庭造り、バラ作りをしておられる方々が数ある園芸系ブログの中にはた~くさんなのである。別段、不必要に競い合おうなどという気持ちはさらさらないが、自分の育てたバラよりも数段立派な花を拝見すると俄然、探求心が燃え上がる。土地土地の気象条件の違いなども実に面白いものだ。

バラは、施肥や、消毒、予防、剪定などなど、栽培者が目的意識的に為さねばならない課題が実に多い。で、あればこそ、十人十色の栽培のノウハウがあって、それが栽培を奥の深いものにしている。あっちこっちのぞかせていただいては、大いに学ばせていただいている次第なのだ。そして、汲めども尽きない飽くなき欲望に、増殖するバラ苗なのであるが、来年はこれを手に入れてやろうと欲望の炎をメラメラと燃え立たすのも、ひと様の素晴らしい開花のフォトを拝見してのことなのである。

本当にデジカメの普及とブログの隆盛はとても素晴らしく、有り難いことである。
だれもが、情報の発信者になることができる。それはそれは感動ものである。

能書きが長くなりましたが、今日もバラを貼っておきます。今週も賃労働お疲れ様でした。週末です、一週間のお疲れをバラで癒してくださいませませ。

ハイブリッドティーのパスカリ うちで最も古い株 今年は大輪に咲いた
パスカリ


イングリッシュローズのパットオースチン これまた大輪にして 花つき抜群
パットオースチン


イングリッシュローズの定番 ヘリテージ 今年は地植えはものすごい蕾の数 100はゆうに超えていて数えるのがめんどくさくなってやめた しかもかつてなく大輪
ヘリテージ


ハイブリッドパーペチュアルのフラウカールドルシュキ 今年で3回目の開花 誘引スペースを広くとってみた そしたらおもいっきり咲いた いままでで最高の出来 大輪の白バラ びゅーてぃほ~♪
フラウカールドルシュキ


イングリッシュローズのベンジャミン・ブリテン
ベンジャミンブリテン


イングリッシュローズのモリニュー 写真ではクロッカスローズによく似ているが 実物は黄色の色合いがよりはっきりと強い 
モリニュー2

モリニュー1


アーリーモダンローズでハイブリッドティーのレディーメリーフィッツウィリアム 相原苗との縁を結んだもう一本がこれ モダンローズの祖ラ・フランスの孫にあたる 
レディーメリーフィッツウィリアム


たまには、堅苦しい能書きもはさみながらもまだまだつづきます。

Comment

 秘密にする

「国バラ」ですが展示物半分あとは販売スペースです。
その展示物も人が多くて観るのに苦労します。
TVで観る方が数倍良く分かります。

もし、観るのでした初日がお勧めです。
如何せん屋根のある所で人工照明ですから
花が痛んでちょっとがっかりします。
ルイ | URL | 2008/05/18/Sun 13:27[EDIT]
こんばんわルイさま
ルイさまは「国バラ」いかれたのですね。うっらやましいぃ!
でもおおせのとおり、屋根のあるところで人工照明ってのはたしかによくないっすね。

それと販売スーペースが半分もあるのですか。ちょっとびっくり。それでもあれだけ人があつまるのだから、バラまにあ&園芸人口もなかなかなものでありまするな。

「国バラ」もなんですが、愛媛の相原バラ園も参加する「萬翠荘バラ展」も一度はいってみたいものとおもっておりまする。

コメントいただきありがとうございました。
薩摩長州 | URL | 2008/05/18/Sun 23:58[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。