たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"おーまい・ごー”
今日は、思いっきり能書き抜きでいきます。テーマはお題通りの”おーまい・ごー”です。

まず一発目、つい先だっての連休中の出来事。レンジフードを掃除するためにバラしたところ。

レンジフード

いきなり”おーまい・ごー”そとの花壇に植えてあるイングリッシュローズのシャルロット君がフードの中に不法侵入(?)。

レンジフード2
レンジフード3

ちょっと動揺は隠せなかったのですが、おちついて切りました。それがお互いの幸せと信じて。合掌!

つづいて二発目、ほったらかしの放置プレイで、強いものだけがどんどん成長するハーブガーデンに秩序をあたえるべく”神の手”をいれようとしたとき、すぐ隣に植えてあるロウバイを見て”おーまい・ごー”

イラガ2

イラガが大発生中。去年をはるかに上回る規模!

イラガ

イラガというのは毒虫でこんなヤシであります。

イラガ5

全身トゲトゲの毒針で武装した危ない毛虫。刺されたら電撃的な痛みを申し分ないほど堪能すること可。

イラガ3

なれど、ノーサンキューなので速攻でスミチオン2Lを散布し完全殲滅。合掌!


つづいて三発目、これまたほったらかしにしていて、株元が雑草で見えなくなっていたコーネリアの雑草をとりのぞいて”おーまい・ごー” ものすごい量のおがくずがでている。そう、ゴマダラカミキリの幼虫テッポウムシの仕業。どこをどう探しても進入路が見つからないのであります。

そんな場合うちでは、最後の手段として、彫刻刀で怪しげなところを削ってゆきます。
そして進入路ハケーン、なれど上から下に掘り進んだのではなく、下から上に進んでいるもよう。それではスポイトでスミチオン投入はできないので、ひきつづき彫刻刀で掘削をしてゆくと、こういうことになりますた。

テッポウムシ

写真の株元まうらから進入し、上に向かって進み、ピークをこえて今度は写真正面でみるとおり下に向かって彫っていったもよう。ここでスミチオン原液をスポイトで注入。
2~3日様子を見るにおがくずはでていないのでたぶんお亡くなりになったと・・・
と・こ・ろ・が、ふたたび”おーまい・ごー”

薬害

おもいっきり薬害でちまいました。どうも暑い時期だったのでまずかったようです。枯れずになんとか立ち直るかちょっと微妙なところであります。とほほ・・・

おわりに軽いのをもう一発。
自慢の芝生は、数本の雑草カタバミを見逃したがために、気づいたときにはカタバミに覆われておりました。大根のような太くてそして深い根は強力で、芝をはるかに凌ぐ匍匐径でどんどん広がるカタバミはこんなヤシ。

かたばみ

チョット見、クローバーみたいで可愛くもあるところが見逃した最大の理由。
このまま放置を続ければ、のこった芝に一切日光がそそぐことはなく、死滅するのは必定。さりとて除草ホークでちまちまとれるような規模ではもはやなく、広葉雑草のみを枯らす選択性の除草剤も地植えのバラの影響を考えると使えないのでありました。

雑草

てなわけで、コイツ久々登場、”武装せる園芸家の武器”芝刈り用バリカンで刈り取ることにしたのであります。
芝刈り機

いぜんはこのバリカン、ワンシーズンは頻繁に芝刈りをしてもブレードの切れ味が落ちることはなかったのですが、どうも最近はすぐに切れ味が悪くなる。そのたび替え刃をかっていたのでは、うちは破産してしまうので(オイオイ)、ちかごろは、ホームセンターでたまたまハケーンしたインパクトドライバーに装着するダイヤモンドビットの砥石で研ぎながら使っているのであります。

ダイヤモンドビット

さっそく切れ味が悪くなったのでこれでささっと研いでバリバリバリと気分良く爽快に雑草を刈り取っていると、”おーまい・ごー”
芝桜のボーダーに乗せてかわしていた水遣り用の耐圧ホースにほんのすこしブレードが接触、穴をあけてしまいますた。

散水ホース2

仕方がないので、穴のあいたところから切断して、ノズルをつけ直したのでありますが、
短くなった分だけ水遣りのとき届かないところができてしまいあ~ぁ、なのでありました。

散水ホース

どうも、私の”沈着”の度合いを試すような出来事ばかりでした。やれやれ・・・

指をバリカンで落とす前にやめて、カキ氷を食べることにしました。

かき氷

お粗末さまでしたm(_ _)m



Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。