たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”おーまい・ごー”7
あぁ!という間に2月になりそうですね。皆々様ごぶさたしてました。
今年もよろしくお願いします、といいつつ終わってしまっては、いくらなんでも情けないですね。

まあ、お仕事が連日の午前様で書く暇がなかったりして、そんな激しい労働量に比例して貨幣がド~ンとやってくるのならそれも良いかもしれませんが、マルクスの「労働者が働けば働くほど、より多くの他人の富を作ればつくるほど、彼らの労働生産力が増大すればするほど・・・」という資本論の下りが身につまされるばかりでございます。
とはいえ、派遣切りが猛威をふるう昨今、新年早々忙しいのは悪いことではないのかもしれませんが、そんなこともほんの一月二月のこと、すでにいくつかのオファーは吹き飛んだりして、先行きはかなり”でんじゃらす”だったりします。

さて、記事を全然あげなかったのは、お仕事が忙しかったことはあるのですが、一番の理由はというとパソの調子がよろしくなくて、2年間入れっぱなしのOSをぼちぼちクリーンインストールせねばならんかと思っていたのです。しかしながら、ビジネスユースでもあって複雑怪奇に構成されたハードとソフトを再構築する苦労を思うとなかなか腰が重く、それでも避けることはできない状況に、この際いっそついでにステルス改造をしようと思いたったのです。
そんなわけで、そそくさとパソショップで部品を仕入れてきたのであります。

CPUにマザーボードとメモリー それに起動用のハードディスク
P1010167.jpg

パソを組み立てること自体はそう難しいことではありません、ドライバー一本でできます。時間的にも1時間ちょっとあれば慎重に作業を進めても完了します。コネクターをつないで、ひたすらネジを締めればそれでOKであります。

電源、ハードディスクをはずした愛機レーニン号
P1010160.jpg


小一時間ほどでマザーボードにCPUとクーラー、メモリーをとりつけ、グラフィックボードを差し込んだところで、モニターのケーブルを接続し、最小限の構成で起動させてみます。ここでBIOSが無事たちあがれば”初期不良”はほぼ8割がたないといえます。ちなみに残り2割は、以前組み終えた後PCIスロットにカードを挿したところPCIを認識しないという初期不良に遭遇したことがあったからで、他にもUSBやオンボードLANがあきまへんといった事例もあるようです。

新しいマザーボードをとりつける 静電防止のゴム手袋は必須 いつもはオペ用なのだが今回は台所洗物用 ちょっとさえない感じ
P1010170.jpg

P1010171.jpg

CPUをセットした後 巨大なクーラーをとりつける ここらあたりまでが作業の難所 左は高濃度純銀含有シリコングリス クソ高い!
P1010172.jpg

私の自作歴は結構長いのですが、基本部分での組み付けがすんでモニターのケーブルをつなぎ、一発スイッチをONにする瞬間は緊張がピークに達します。血圧あがります(笑)。いままで2度ほどBIOSがでなかったことがあるのですが、一度はマザーボードの初期不良、今一度はメモリーの差し込みが不十分だったこと。起動時にスピーカーが鳴らすビープ音が重要な診断の鍵となります。
緊張しながらスイッチON! ピッというビープ音が一発、健全な証の一声とともに出ましたBIOS画面。成功です!

組み立て完了の図 
P1010178.jpg


緊張が喜びにかわるのを感じつつ、KENT ULTRA1を口にくわえ例のゴム紐つきZIPPOで火をつけて、BIOS画面を眺めながら煙をくゆらせていると・・・

”おーまい・ごー!!”突然電源が落ちてしまいました。

それから幾度となくスイッチをONにしても時間に差はあれど電源が落ちます。CMOSをクリアーしてBIOSの設定を初期化してもあきまへん。PCの組み立ては簡単ですが、運悪く不具合が出た場合の原因の探求はたいへん難しいです。長い長い探求の旅の始まりです。一つ一つの部品を丹念に検証してゆかねばなりません。しかし、初期不良のショップへのクレーム猶予は一週間以内なので基本的にはそれがリミットです。いよいよダメならCPU、マザーボード、メモリー、電源と今回調達した全品持ち込めばいいのですが、そのために部品は同一ショップでそろえるのが原則なのであります。

延々と調べまくりました。どうやらCPUとクーラーの間に塗布するシリコングリスが少なかったようです。デフォで標準装備のクーラーにはシリコングリスがたっぷりと塗ってあったのですが、私はそれを拭き取り別途購入した純銀含有率がしこたま高くお値段もクソ高いグリスを塗ったのですが、とても薄く塗ったのでした。最近は結構たっぷりめに塗るらしいです。そのあたりに問題があると思ったのは、CPUの温度が異常に高いことに気がついたからでした。結果それがビンゴだったのかは幾分疑問の残るところではありますが、電源落ちはようやくクリアすることができました。

ようやくハードディスク等のストレージを接続し、手に汗握るおもいでOSをインストールしたのですが、どうもいまいち安定しない。システムエラーが一日一回お約束のように出る。システムエラーの内容を読むと、どうもメモリーあたりが怪しい。今回のマザーボードは同一のDDR3メモリーを3枚差して使用するトリプルチャンネルDDR仕様なのでメモリーのエラーにはことさらシビアなのです。そこで、”memotest"というフリーソフトでメモリーチェックをしたのですが、信頼性は抜群なのですが、いかんせんたいへん時間がかかります。3G の容量となればなおのことで、仕事に出かける前にスタートし帰宅したらちょうど結果がでていたのですが、エラーはありませんでした(喜)。

やはりCPUの温度が依然として高い、60度から70度のあたりを行きつ戻りつしている、筐体の側板をはずしてみるとみるみる温度は下がり50度近くで落ち着いたのですが、うちの猫さんたちはたいへんイタズラ好きばかりなので、うっかりあらぬとことへ猫パンチでもされたら悲劇なので開けっ放しということもできません。そこで、起動用のハードディスクともう一枚のハードディスクを残して4枚のハードディスクを外へだし、筐体の側板を丸く切断しそこへ扇風機をとりつけて送風冷却するようにしました。CPUの温度は50度前後で安定し、負荷をかけて80度をこえてもすぐに温度が下がるようになりました。

熱源のハードディスクを外に出しシリアルATAケーブルで接続 ちょっと不細工だったりする
P1010183.jpg

ハードディスクのラック 5枚収納可 もちろん本体とは別電源
P1010184.jpg

筐体の側板を丸く切断 結構骨が折れる作業だったぜ
P1010186.jpg

側板の丸穴にはまるように扇風機をつけちまいました すごくシュール!
P1010189.jpg

ようやくPCが安定したところで、ソフトのインストールと環境の構築が一定完了して、ようやく記事を書けるような状態になりました。久しぶりにPCの泥沼にはまり復旧に3週間要しました。それにしても、i7プロセッサーの発熱は多いと聞いていましたが、これほどとは。比較的クロックアップ耐性は良いらしいですが、うちのはさっぱりです。”ハズレ石”にあたったのか? まあ、クロックアップ派はほぼ間違いなく空冷などは用いず、水冷をつかってアイドリング時でCPUの温度を30度以下にしているようです。うちも冬の寒い時期で温度管理がままならないのに真夏の30度オーバーの気温になったらど~しましょう、なんていまから思います。水冷システムを導入できればいいのですが、この不況ではなんともいえません。いっそストレージをすべて外付けにして、本体をコンパクトなものにかえて安価な冷蔵庫に入れて使おうかなんてことも思考中でありますが・・・ というたわいもないお話でした。


次回はこんなスケルトンなキューブ筐体を嗜好中 鉄板より改造加工がしやすいしコンパクトなのがいい レーニン号にかわり”党のガラス張り号”
冷蔵庫に入れて使用予定
ufo-cube300cl.jpg

Comment

 秘密にする

猫の手
おおすごい、御手製PCですか。薩長さん、お久。
バラづくりと、どっちがムズかしんでしょ?
>ねこぱんち。
CPUって、50度で営業してるんですね。あのシュールな扇風機、
「砂漠の(猫すな!)嵐」には弱いかも?たしかに日本のコク夏には、
シベリアん寒気が要ですな。
三介 | URL | 2009/01/31/Sat 21:49[EDIT]
ご無沙汰です。PCの自作ですか、いいですね。私のPCも最近重いもんですから、ソフト改良で解決すべく、パソコン雑誌を購入したりしましたが、なんとも分りづらくて???発熱には拙ブログで宣伝中の「すのこタン」(http://www.sunokotan.com/sunoko_a4/index.html アルミニウム製のすのこ。ネット通販でのみ発売)がいいかも?知れません。
書いているうちに誇大妄想に陥ったアホブログをTBさせていただきます。
GO | URL | 2009/01/31/Sat 23:29[EDIT]
Long time no see
 薩長さん、お久しぶりです。ご多忙お見舞いします。
>パソを組立てること自体はそう難しいことでは・・・
 って、十分難しいじゃないですか、この作業。しっかし胴体に穴あけて扇風機当てるとは、なんと強引な。レーニンさんも草葉の影でさぞやびっくりしていることでしょう。
shira | URL | 2009/02/01/Sun 22:52[EDIT]
フルタワー
フルタワーで、ハードディスク五つって、パソコンでふだん何をされているのやらwww

>”党のガラス張り号”

ワロタwww
ぶさよでいっく | URL | 2009/02/07/Sat 22:09[EDIT]
ム、ム、ム
何やら、あやしい書き込みが。
それにしても自作PCか。ちょっと私には、遠い。手が出ない。つくる自信がありません。

漸くリナックスに慣れ始めたばかりだし。
土岐幸一 | URL | 2009/02/08/Sun 14:50[EDIT]
おひさです三介さま
いやぁ 恥ずかしながら更新が滞ること2月になってしまいました。ネット環境が崩壊してましたもんで・・・

バラづくりとPCつくるのとどっちがむずかしいかと問われれば、同じくらい簡単でもあり、難しくもありというところでしょうか。どちらもうまくいくときはいともあっさりとうまくいきますが、ごねたら庶民レベルでは手も足もでないところは全く同じです。そうなったらどちらも”理屈じゃねぇんだ”という世界であります。

いま”党のガラス張り号”に心惹かれている理由の一つは、スケルトンなので筐体内部の様子がよくみえるということです。別にデザインがどうのではなくて、冷却ファンの汚れ具合であるとかが視認できるのでメンテナンスがしやすいだろうなと思うわけです。ご指摘の通り、猫さんの毛もさることながら猫砂は細かな粉塵となって思いの外ファンに付着しておりました。

CPUの発熱はこのたびのi7プロセッサーは多いようです。AMDのAthlonも発熱は多かったのですが。私が聞いたところによるとプレステ3の発熱も相当なもので焼き肉ができるそうです、ホントかウソかなんともいえませんが。いずれにせよ熱対策はなかなか頭の痛い問題ではあります。

コメントいただきありがとうございました。
薩摩長州 | URL | 2009/02/08/Sun 19:10[EDIT]
GOさんおひさでございます
すっかりご無沙汰してしまいました。私も最近は、というより、もう幾年も貨幣惜しさからPC雑誌を買っていません。そんなこともあってすっかり巷の流行にうとくなってしまい、PCリニューアルの際にはかなり集中的に情報を集めねばならなくなってしまいますた。

メーカー製のPCは基本的にメーカーがそのリスクを負うので、冷却などもかなりシビアに検討されていて定格で使用するにはほとんど問題にはならないように思います。自作さんはそのあたりのところを自分で口コミ情報や人柱報告なんぞを参考にして判断してゆかねばなりません。それがノウハウということになるわけですが、まあ、それとて定格使用している限りはそうシビアな問題にはなりません。とはいえ、オーバークロックさせてみたりとか、怪しいチューンをくわえたりするとなるとまた違った世界が広がってくるのですが、そこへと足をつっこむと”ヲタ”とよばれるようになりまする。

以前”すのこタン”の記事はそちらで読ませていただきました。ノートタイプはデスクトップよりもはるかに集積率が高く、それ故冷却が難しいのですが、カスタムパーツがほとんどなので内部に手を入れるすべがないので”すのこタン”が必要かもしれませんね。私もほんのちょっとだけサラリーマンをしたときノートをあてがわれたことがありましたが、ケースの底がびっくりするくらい熱くなったりして、背面に申し訳程度のファンが回ってましたが焼け石に水っぽかったです。

まだしばらくはお仕事が忙しかったりして通常営業にはなりませんが、とりあえずネット環境は復旧いたしましたのでそちらへも伺わせていただきました。「自己批判」の記事はたいへん興味深くよませていただきました。あのあたりにはすでに下野していた私はただいま判断停止中ということで、いずれ思いは綴ってみたいとは思いますが、いまは成り行きをみつめていたいと。

コメントいただきありがとうございました。m(_ _)m
薩摩長州 | URL | 2009/02/08/Sun 19:53[EDIT]
いらっしゃませshiraさま
すっかりご無沙汰してしまいました。お見舞いいたみいります。

忙しいのもほんのヒト月フタ月ほどなので辛抱してそれなりがんばっております。
副業のほうはどうしてもPCのパワーが必要なので定期的な更新はかかせません。メーカー製は低価格化がすすんだとはいえまだまだミドルクラスでも高価なので、旧パーツの使い回しができたりする分とカスタマイズが必要なことから自作をしています。過去にほとんどまっさらに近いくらいの更新ではトラブルがなかったので”ナメて”かかったらこのたびこっぴどくやられました。

それでもなんとか安定しただけラッキーだったとおもっていますが。トータルするとパーツ代も結構なお値段になるので冷や冷やドキドキでした。このたびのように一応は動くのだけれど、再現性に乏しい、なんとなく具合が悪いみたいなトラブルが一番厄介です。どこそこのパーツに不具合があって動かないというトラブル方が解決も一本道なわけです。

とはいえ、そうしたトラブルはごくごくまれで、自作PCはいくつかの注意点に神経を集中し組み立てればいとも簡単に動くものであります。動かなかったときの対処の仕方とか、OSを入れるのはそれなりのノウハウが必要なことは確かではありますが。筐体の側板に穴をあけて扇風機を突っ込む人はほとんどいませんし、それはたしかに難しかったです。ディスクグラインダーで小一時間かけて丸く切断したくらいですから(苦笑)

それでも水冷には遠く及ばないところが泣けたりします。さーて夏が来る前に水冷システムを導入できるほど儲かればいいのですが、昨今のリストラ解雇の嵐の前にそれどころの話ではないような、なんとも”危険”な予感が頭をよぎります。

PS.れいの姪っ子、滑り止めは確保した模様です。私学ですが、センター試験の結果で合否が決するのですね。なんだか最近の受験制度はPCよりも難解だったりいたします。まずは姪っ子、一勝ゲット(喜)

コメントいただきありがとうございました。
薩摩長州 | URL | 2009/02/08/Sun 20:17[EDIT]
でいっくさまいらっしゃいませ
どうも、ネット環境崩壊したりして、すっかりご無沙汰してしまいました。おひさしぶりでございます。

さて、フルタワーでディスク5枚、正確には7枚つないでますが、そんでもって何をしているかというと、副業がなんであるかは党の第一級の秘匿事項なのでいえませんが~♪(いったい何党か?)

ディスクが多いのはRAID1にしているからであります。希望はRAID0+1なのですが、さらに倍のディスクはちょっとなので二の足を踏んでます。もっともディスクアレイをもちいるような本格的なものではなく、カードとソフトでやってますが。

お仕事で使うことがほとんどなかったころはひたすらRAID0でスピードを追求してましたが、ビジネスユースとなると安全第一、夏場にさんざっぱらディスクをとばしてきた苦い経験と、安価になったディスクからRAID1ということになりました。とはいえ、フルタワーでもフルにディスクを内蔵するとたいへん電源に負担になるばかりか、灼熱地獄となります。このたび導入のi7プロセッサーの消費電力は公表で130wなので発熱はたいへん多いです。

そんなわけで、熱源としてのディスクは外部接続にこのたび変更しました。ディスクの温度は平均25度程度で大変良好な状態であります。


”党のガラス張り号”はスケルトンの先駆けとなった往年のiMacのような意匠性は皆無で、巷では”キワモノ””ネタモノ”のようにもいわれておるようですがなかなかどうして、熱源の電源ユニットとディスクとマザーボードとを隔壁が分離するレイアウトといい、スケルトンであるため冷却ファンの汚れの点検が容易であること、ファンの増設などの改造がアクリル板なので容易であることなどなど、メリットが多くございます。さて、話はかわって革命党は権力にとって”ガラス張り”になったらアウトですな。とはいえ、人民に対してオープンで、権力に対してクローズという矛盾をいかに統一するかは党組織論の難しい課題でありまする。

コメントいただきありがとうございました。m(_ _)m
薩摩長州 | URL | 2009/02/08/Sun 21:25[EDIT]
土岐さまいらっしゃいませ
おひさしぶりでございます。ネット環境が崩壊してましたもんで、お仕事の忙しさともあいまって復旧がたいへんおそくなりました。

私はいままで自信満々だったのですが、このたびは一敗地にまみれたような気分になりました。だいぶ自信を喪失しました。「え~い!PCくらいオレがつくってやるから黙って金をだせぇい!」なんてもう怖くていえません。

まあ、それともう目があきまへん。細かいところが全然見えません。老眼鏡をかけて、両手は作業に必要なので、仕方なくマグライトを口にくわえて筐体の内部の奥底をのぞき込んでケーブルを接続するありさまであります。

このたび知人のPCの修理にお蔵入りのマザーを使ったのですが、ほんとはそいつでリナックスマシンをと考えていたのでちょっと残念だったりします。巷ではVistaの不評からMSが次期OSのWindows7の開発を急いでいるとかβバージョンがすでに公開されたもようなのですが、サブサブマシンをつくるには電源とケースが必要なので今はどちらも手が出ません。ちょっとストレスを感じております。

アーキテクチャーが大きく変わるとやはりかならず”おーまい・ごー”が起こります。PCはそんなネタの宝庫でもあります。それが”楽しい”という転倒した意識の頃もありましたが、このたびはそう思えなかったのは”チャレンジ精神”が萎えたのかも。それが年齢によるものだとしたら、寂しいとおもったりいたします。

コメントいただきありがとうございました。
薩摩長州 | URL | 2009/02/08/Sun 21:52[EDIT]
Track Back
TB*URL

派遣村のこととか・・・
年明けてから、イスラエルのガザ侵攻・空爆の問題を主に取り上げてきて、もう一方の、  [続きを読む]
たたかうあるみさんのブログ 2009/01/31/Sat 23:23
Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。