たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文字化け
-----------------------------------------
昔々あるところに部落差別問題に非常に熱心な、あるお坊様がおったそうな。この坊様は常日頃から「差別はいかん」と熱心に説き、部落にも入ってボランティアのようなこともするし、解放同盟にも協力的、辻説法に立っては口角泡を飛ばしては熱心に差別を糾弾しておりましたとさ。
さてある日のこと、とある解放同盟の地区幹部の人が、試しにこのお坊様にこう問いかけて見たそうな。
 「お坊様、あなたがあまりに熱心に差別反対の説法をしているので、きっとあの坊様も部落だと噂している人がいましたよ」と。。。

 するとこの坊様、怒ったような激しい口調で「誰がそんなことを言うとりますか!」と、とっさに叫んでしまったそうな。その後の気まずい沈黙。坊様も自分の言うたことに「はっ」と気づいたが、口に出したことは戻せない。非常にばつの悪い顔で帰っていったそうな。(以下続く)

ブログ旗旗 2009 年 6 月 11 日 の記事 「 再掲】「おいコラ!在日!」と言われた時(賛同者670人突破)」より引用

-----------------------------------------

いきなり冒頭から引用なのでありますが、昨日の猫さんの記事にトラックバックがついていたのですが、あいにくの文字化け状態で 「Ρ???????ä????????????Ωä???Ф???????Τ?????ο???Τ??...  [続きを読む]」となっておりました。

いつもでしたら判断として速攻削除なのですが、今回は恐る恐るトラックバックさきへと跳んでみました。
”ここがロドスだここで跳べ”てなわけで、跳んでみたら確かにロドスがありました。

私ら的にいえば、かの7・7自己批判がつきだした”内なる差別意識”という問題ということなのですが、そうした難しい問題を実にやさしく簡潔に、経験に即して理解できるよう、本記事は書かれておりました。

あらゆる抑圧と差別に対して主体的に反対し闘うことは、それが被抑圧者、被差別者へ肉薄すればするほどに、おのずと自らの身に同じものが襲いかかってくることになります。ここを越えて前に進まなければなりません。

さて、おりからのグローバリゼーションの進展から、いたるところで外国人労働者をみかけることが多くなり、武装せる園芸家もしばしば外国人労働者とお仕事をする機会があります。実際、今日はお休みなのですが、明日は中国人スタッフのディレクターをするお仕事が入っていたりします。

まあ、いろいろな人がいるわけで、ときに私の脆弱な”血債の思想”を吹き飛ばすような強烈な人格もごくまれにおりますが、圧倒的多数はとてもいい人です。彼らも私のことをいい人だと言ってくれます。

おたがい、言葉と若干の生活習慣のちがいこそあれ、同じ人間だということが実感できる瞬間です。
じっさいに、国境をこえてふれあってみないとどうしてもわからないものはあるものです。そのあたりの話はまたいずれ書かせていただくとして、文字化けトラックバックをあらためて紹介させていただきます。


ブログ旗旗 2009 年 6 月 11 日 の記事 「 再掲】「おいコラ!在日!」と言われた時(賛同者670人突破)」
http://bund.jp/modules/wordpress/?p=2039

”差別はいかんよなぁ”とお思いの方は、ぜひ跳んでいって、一読くださいまし。m(_ _)m

草加さまトラックバックいただきありがとうございました。


Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。