たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生粋の”業務連絡”
諸般の事情から、自ブログの管理画面にメンドクサーな手順をふまないと入れなくなっています。
てなわけで、もうちょっとの間ですが、記事をあげることができないとおもわれます。

話はいきなりかわりますが、気にしないようにしているカウンターが、気にせざるおえない数字をだしています。本日108だって、煩悩と同じ数じゃないっすか。これはどっかで祟られているか、祭られているか、まあ、この程度の数字なら、2chデビューということはないとおもいますが。

マル共にすっぱ抜かれたときでさえ、250くらいだったから、そうたいしたことはなかろうかと。
オイラたちは、特殊な存在だからそれとしてはデフォで祟られても、祭られても仕方がないと思ってます。でも、同時に特殊はいずれ普遍をのみ込み新たな”普遍”へと転化することがあるのだ、ということもしっかり思っています。

大手のビッグメジャーブログ(なんのこっちゃ)は、玉石混在の怒濤のコメントが押し寄せるのでしょうな。
それらを切った張ったで、あるときはかわし、またあるときは真っ正面から対峙する管理人ブロガーの情熱と力量はなみじゃないとおもいますね。おつかれさまです。

業務連絡 おはり

追記 愚樵さまのところで、半年ぶりくらいで、鋤鍬九九とガチをしたことが原因なのか?
愚樵さまとそこに集う読者の皆様。失礼いたしました。としたうえで、鋤鍬九九をのぞいて、愚樵さまのいうとおり、お笑いとして楽しんでいたかもしれませぬな。私も半分はお笑いだと思ってましたから。





Comment

 秘密にする

誰そ彼
お久しぶりです。

>鋤鍬九九とガチをしたことが原因なのか?

「鋤鍬九九」?また新たな論敵出現?と悩むこと暫し・・・あっ!もしやあの人か?ってんで愚樵さんのところへ飛んで探しましたよ。ピンポーン!でしたw
なるほど、段階的に変化して「鋤鍬九九」になったのですね。
彼も相変わらずですなv-394

いつもウンザリする彼の批判文ですが、以前、薩摩棟梁に対して「お前は薔薇の写真だけ載せてろ!」みたいなこと書いてましたよね。あれだけ(!)はちょっと好かったww

ではまた。
一日千秋のプロレタリアート | URL | 2009/07/18/Sat 01:09[EDIT]
千秋さまおひさでございます
そうです、段階的に変化する段階論です。もちろん冗談です。率直言えば電波芸人あいての冗談ですから。
とはいえ、半年ぶりくらいでしょうか、鋤鍬との直接的なやりとりは。今回は周囲の目を少々気にしつつも一般庶民の素朴な思いに対するあの尊大な物言いの連打に、いささか腹が立ち、挑発したのは私のほうではあったのですが。テーマもテーマだったこともあって、少々きつめでいってみました。

いつもでしたら、管理人さまの感情を害さぬよう、周囲でだまってみておられる方々を50%獲得できたらいいなと、つとめて言葉をえらぶのですが、まあ、たまにはね。ということで、そんな”強欲”をスルーしてくださる愚樵さまの懐の深さがファンである理由の一つではあります。

まっとうな批判にもなっていない氏の雑文ですが、とりわけお殿様が城下で散財をつくすのが”財政出動”とはあきれかえって言葉も出ないですwa。そいなら知事が夜な夜な歓楽街で財政がかたむくほど公金を使いまくったら”財政出動”か。速攻リコールの嵐、民衆の怒りが爆発することでしょう。鋤鍬の話の中には圧倒的多数である農民、庶民の話は一切でてまいりません。

経済と政治のシステムが根本的に異なる社会の類似性を”単純”に比較しても、それはそれで独創的かもしれませんが、意味はないんですwa。権力者のお殿様が代金をを踏み倒してもそれがゆるされるのが封建社会ですから。
とうていクソエラソーに反っくり返って言われるような内容ではないと。ただですねぇ、以前にも「花の話だけにしろ」で書きましたが、鋤鍬のはなしにコロっていく人は意外に多いと思います。ときに権力批判も織り交ぜつつの話は結構きわどいところをついていたりします。そういった意味では、断線ドラム氏よりも手強いかもね。でも、痛いところをつかれると、すぐに紳士面ははげ落ち凶暴な姿が現れる脆弱性がネックですかねぇ。

そうそう、断線ドラム氏に某所で言われちまいました。「反スターリン主義を単なる反共主義にぬりかえたような薩摩長州さんのご意見は甚だおかしいといわなければなりません。

反スターリン主義、反帝国主義はそんな皮相的なものではなかったはずです。 」って。

参りました!そのとおりであります。私は「反スターリン主義、反帝国主義」を学び、それをプロレタリアート人民に訴えたことなど一度もありません。私が知っているのは”反帝国主義・反スターリン主義-世界革命”であります。やれやれ・・・
もちろん対話はなし、あっさりスルーさせていただきました。語り合う言葉はもっていませんので。いろんな人がいるもんです。私もそんな一人なのでしょうが・・・

たわいもないお返事でした。聞き流してくださいませ。コメントいただきありがとうございました。
薩摩長州 | URL | 2009/07/19/Sun 20:53[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。