たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8・6 逝けぇ!"田母神一派”
いってきました、ひさしぶりにRosaと一緒。一緒っていってもデートじゃないのでお手々つないでではありません、全くの別行動です。行った先が同じというだけで、途中顔があっても他人のふりです。これはまあ、昔とった杵柄ということではありませんが、たたき込まれた行動様式なのでいまさらどうにもなりません。

まあ、そこで思ったことは後日ということで、とりあえずはどこへいったかということだけ。
昼からの解放同盟全国連が賛同しているということで 「であう、わかる、つくる 8・6ヒロシマ」へ参加、
5時に終了。中央派が5時から”田母神一派”への抗議デモをするとのことなので、大急ぎで”田母神一派”が結集しているメルパルクへむかう。ちょうど平和公園のおしまいのところ、原爆ドームのすぐ近く、大通りをへだてて一派のすぐ斜めまえで、抗議のシュプレヒコールやっとりました。末席のほうで4~5発シュプレヒコールの仲間に入れてもらい、ビラをもらってから、通常は御法度の記念撮影。

P1010002a.jpg

それにしても、ずら~とビックルものの数でコーアン・デカが粘着してバシバシに写真撮りまくってました。ゆるせん!
正面にまわって、もう一枚御法度の記念撮影をしたら、昔たいへんかわいがってくださった○○さんに「おまえはコーアンかぁ」みたいに、睨まれてしまったので、速攻その場をあとにしました。

P1010003.jpg


キリながら、YMCAへむかい 被爆64周年「8・6 ヒロシマ 平和の夕べ」に参加、懇親会はスルーしてキッてキッてキリまくって無事帰還しました。

64年まえのあの日とおなじ暑い一日でした。でも、それ以上に、”田母神一派許せん!” ”反戦反核の決意”におもいを同じくする人々の、熱い集いにたくさんの希望と元気をいただいた一日でした。

それにしてもたくさん歩きましたwa。




Comment

 秘密にする

おもいっきりお疲れさまです
体調はヘンに戻ったのですが(蟹工船の唄つくるくらいだし・・・)業務(+飲み会?)が多忙で、ヒロシマには行けませんでした。電車乗ってのんびりと、呉の「大和ミュージアム」やなんかを見て回る「行程」だけはたてていたのですけど(^^)。
8・6、8:15のTVは見ておりました。なにが「オバマジョリティー」ですか、核を率先的に放棄せず、弾道ミサイル実験も「北朝鮮」と同じ時期にやるアメリカ帝国主義なぞ、信用できませんv-15
ゆっくりでいいですから、詳細報告を楽しみにしていますよv-235
GO@あるみさん | URL | 2009/08/08/Sat 00:33[EDIT]
8・6ご苦労さまです。
8・6ご苦労様です。
街頭にも立たれたとのこと。敬意を表します。
機動隊の数が、敵が何を恐れているか示していますね。
荻窪 | URL | 2009/08/10/Mon 23:18[EDIT]
あるmiさん いらっさいませ
まずはご自愛なさってください。お仕事はいたしかたないでしょうが、飲みは体と相談と言うことで。

さて、わりと手近なところと、たもがみ一派への爆発的な怒りでウン十年ぶりにいってみました。全国連の金平さんもはじめて生でみました。カンパアピールをされまして、たいへん歯切れのよいアジテートでして、「カンパ袋にいれて音のしないものをいれてください!」の熱烈アピールにすっかりオルグられて、少々大きめな紙をいれたりして、帰りはすっかり身も心も財布も軽くなりました、とさ。

オバママジョリティーなんぞまったく評価外のシロモノであります。いかに被抑圧国家の核武装志向を挫くか、その一点に貼られたイチジクの葉っぱにすぎません。

パクになってもゲロできないように、三歩あるくと忘れてしまうように特殊な訓練を受けた私に、詳細な報告を期待してはなりませんよぉ(笑)。とはいえ、Hに勤務していたときの指導的同志をみかけたりして、あ!この人は再建派にいったんだぁ、なんて、中央と再建は関ヶ原を分水嶺にしているものだとマジでおもっていた私としては、ちょっとびっくりで認識をあらたにしました。

アッテンさんのようなキッチリとした報告はかけませんし、べきでもないと思うところもあるので、はぼちぼちでしか書けませんがアウトラインだけでも伝えられたらと思っております。

コメントいただきありがとうございました。
薩摩長州 | URL | 2009/08/16/Sun 14:28[EDIT]
ごぶさたです荻窪さま
記事に書かせていただきましたが、ウン十年ぶりでありあます。

あのタモガミ一派のあまりにも人民をなめきった態度にしこたま腹がたちました。

それの善し悪しは微妙なところですが、最近は求察もα制圧もないので、話には聞いていましたが確かに、デモに一般市民が飛び入り参加するのに垣根は低くなりましたね。ちょっと後ろのほうについてゲストするのに抵抗はかなりすくないようにおもいました。

マルキはすぐ近くには配置されていなかったですが、記事にも書きましたがものすごいコーアンの数だったですね。私が現役だったころより数倍の増員ですよ。公安機構が増強しているのがはっきりとわかりました。
これらとの血みどろの闘いが反戦平和の道であり、その果てに核廃絶があるのだと実感いたしました。

コメントいただきありがとうございました。
薩摩長州 | URL | 2009/08/16/Sun 14:49[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。