たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009・8・6 思い その一
「Deau、Wakaru、Tukuru8・6Hiroshima」 いい集会だった。

とっても大衆運動路線で肩肘はってないところがよかった。会場受付では涼しげな浴衣すがたの娘さんが出迎えてくれた。正直ちょっと引いた。(笑)

しばしば会場が爆笑につつまれるようなユーモアもあり、たいへんなごやかな雰囲気のなかで、まず第一に語られたことは「過去の過ちと向かい合おう」ということだった。
原爆は人類史を画するような悲惨な被害をもたらした。しかし、それはいわれなき被害者として語れるものなのだろうか。侵略戦争に加担し他民族に耐え難い困苦をあたえつづけた加害者としての事実を忘れてはならない。

第二に語られたことは、そうした過去の事実に向かい合い、当時の軍国主義のなかにあって、「侵略戦争を阻止しえなかったことの反省を今に生かそう」ということだった。戦争を過去のものとして切断してはならない。戦後に生まれた世代は、あの侵略戦争とは無縁であると思うかもしれない。しかし、体験者の血を吐くような苦闘をこえて語られた過去の過ちと反省の思いを引き継ぎ、二度とふたたび戦争をおこさないようにすることは次の世代の私たちが、私たちと他民族の未来にたいして負うべき責務であると。

第三に語られたことは、戦後世代である私たちが責務をまっとうするということは、「過去の過ちと反省をないがしろにしようとする行為を断じて許さず、それをなさんとする者たちと闘うことだ」ということだった。
パネラーのひとり知花昌一さんの「歴史修正主義者をゆるしてはならない」の発言ののち、アピールの一番手、東京都学校ユニオン委員長増田都子さんの力強い現場の闘いの報告と、「歴史修正主義者ではなく歴史ねつ造主義者とよばねばなりません」の発言に、会場は「異議無し!」の声でわきたった。


三歩歩くと記憶がクリアーされる私というフィルターを通して、頭の中にのこったものをごくごく簡略ですが書かせていただきました。そうしたうえで、はたしてこの集会がいかなる方向をめざして準備されたかを客観的に伝える意味で、集会を準備された主要メンバーにして、シンポで進行をつとめられた森島吉美さん(広島修道大学教授)が集会パンフの冒頭によせて書かれた文章を掲載させていただこうとおもいます。

-----------------------------------------

8・6ヒロシマの集いに向けて  森島吉美(広島修道大学教授)

平和公園を訪れる。木々の緑と青い空。原爆資料館を訪れる。コンクリートの建物が平和公園をのぞんで建っている。そこを訪れる人々はその場で何をみるのだろう。目の前にある「公園そのもの」、「資料館としての建物そのもの」など見るわけはない。目の前にある「今、ここ」をみない。あっても見ない。

ランズマンの映画『ショアー(ユダヤ人絶滅収容所)』の中に印象的シーンがある。かつて40万人のユダヤ人が収容されていた殺戮現場(ヘウムノ収容所)。当時ナチがその殺戮現場を跡形もなく消し去ったため、今や、その後の年を重ねて大きくなった樅の若木が静かに繁茂している。ランズマンはその樅の木を長いカットで見せてくれる。目のまえにはかつての殺戮の後は何もない。樅の木と草と石ころだけである。ランズマンは我々に何をみせているのだろう。

先の大戦が起こったとき、「その時、その場」で起こっていることを見なかったのは、しかし、若者であり、一般市民であった。

ランズマンの映画で、当時、収容所近くで生活していたポーランド人農民へのインタビューのシーン。彼らは、当時目の前で起こっていた事柄(ユダヤ人殺戮)を見ていた。ランズマンの前で、当時のことを、自慢げに、時に笑みを浮かべて、群れをなして我先にと語り合う。きっと当時も同じように、「その時、その場」で殺されていくユダヤ人のことをうわさしあっていたのだろう。彼らは、要するに何も見なかったし、今も何も見ていないのである。当時と今、何も変わっていないということである。

元毒ガス工員であった藤本安馬さんは、末期がんで胃を全部摘出した後も、「命をかけて謝罪したい」とその毒ガスで家族を亡くした中国の村を訪問する。県被爆者協議会の畠山祐子さんは、「わたしらは間違いなく加害者ですよ。・・・でも、謝ったら次たてないのよ。体中癌だらけで、『原爆をなくせ』と叫んできた老人に、まず謝れ、といったら、わたしたちの運動はなりたちません」と叫ぶ。

8月6日のもつ意味はどこにあるのだろう。「平和公園」に、かつての街並みを思い浮かべることなのか。原爆資料館の建物の中に閉じこめられた過去の出来事に思いをはせることなのか。レンズマンの『ショアー』の、かつてのユダヤ人殺戮現場、今やきれいに並んだ樅の木を見て過去を思いうかべることなのか。過去はますます遠くなる。被爆当事者、収容所生き残りのユダヤ人は年をとる。後に何が残るのだろう。「当時」と変わらぬ「今」の我々だ。

「今」に生きる我々の目の前には、大量破壊兵器が使われる戦争があり、核を持つ国が増えてきている。市民をターゲットにした空爆が続いている。

8月6日は現在進行形だ。我々に託された課題は山積みである。8月6日を、「問題」発見の場にしたい。「問題」を具体的に解く道を捜し求める場にしたい。そして、その「答え」を求めて具体的に動くスタートラインにしたい。8月6日は広島のものではない。日本のものではない。「問題」を発見した全ての人のものである。

2009年8月6日を新しい8月6日のスタートにしたい。


-----------------------------------------


また来年もお金をためて、お仕事断ってでも参加しようと思った。



Comment

 秘密にする

レーニン号が「オールアルミさん」で復活の記事も(分らないなりに)楽しませていただきましたが、こちらの有意義な記事もありがとうございます。
「過古」をきちんと見るということは「今」をきちんと見るということにつながりますし、「今」につなげない「過古」語りは単なる思い出バナシにしかなりません。また、「今」をひん曲げるために「過古」を語る田母神一派なぞ、粉砕あるのみv-42ですね。
集会が、どこぞやが誹謗するような単なる「語り部」集会でないことも、きっとご理解いただけたかと思います。
GO@あるみさん | URL | 2009/08/18/Tue 23:21[EDIT]
民主党
>しばしば会場が爆笑につつまれるようなユーモアもあり、たいへんなごやかな雰囲気のなかで、まず第一に語られたことは「過去の過ちと向かい合おう」ということだった。
原爆は人類史を画するような悲惨な被害をもたらした。しかし、それはいわれなき被害者として語れるものなのだろうか。侵略戦争に加担し他民族に耐え難い困苦をあたえつづけた加害者としての事実を忘れてはならない。



そうですか?

そうかもしれませんね。

はい、わかりました。
ウェルダン穂積 | URL | 2009/09/02/Wed 10:49[EDIT]
元気ですか?
長州様
どうも最近、執筆活動が滞っているような・・・。
忙しければいいのですが。

自民打倒で少し世間は浮かれていますが、
民主も自民も同じ。
原則側からもっとガツンと思いをぶつけた文書期待しています。
民主の「アメリカとの距離」「親アジア」路線は、
露骨な、対米帝争斗戦の激化かと。
政治で米軍基地が撤去されたり、米帝の侵略戦争への加担を終わらせられる訳はありません。
大衆運動の結果として、敵に強制するものです。
ガツンといきましょう。ガツンと。
荻窪 | URL | 2009/09/09/Wed 23:08[EDIT]
こんばんわ あるみさん
おへんじ凄まじくおそくてごめんなさい。

そうそう! ヒロシマは嘆きの壁なんかじゃない。祈りの日じゃないんだ。
かのゲバラがお忍びでヒロシマを訪れたとき、「ヒロシマ市民はこんなひどい目にあってなんで怒らないんだ」といったそうな。自国帝国主義の利害を貫徹するためには人民の命など一顧だしない帝国主義者を討ち果たす決意を新たにする日、それが8・6ヒロシマ。

それをなしえたとき核の廃絶は達成される、極めてリアルな問題だ。ということを中核派じゃない人が語っていたことがとっても凄すぎ、とおもったのでした。

コメントいただきありがとうございました。
薩摩長州 | URL | 2009/09/19/Sat 01:34[EDIT]
ウェルダン穂積さん
ご理解いただけて幸いです。それではその理解のほどをふまえて、反戦の旗を高く掲げて43年間不屈の闘いを貫徹している三里塚闘争に決起しましょうね。10・11三里塚全国総決起集会よろしく。10月の11日ですお間違えのないように。
薩摩長州 | URL | 2009/09/19/Sat 02:07[EDIT]
ありがとうございます荻窪さま
ご心配いただきありがとうございます。うちは6台のPCが稼働しているのですが、ノートPCは一台もないもんで、出張にいくとネット難民になってしまします。時間的な余裕があればネットカフェでということもありなんですが、なかなかそういうわけにもいかないことが多くて・・・

そんなときは休業、近況表示くらいしたほうがいいのかもともおもっています。が、以前とちがってネゴをして出張なんて悠長なことはなく、突然顧客から”行け”みたいになってしまいましたね、最近は。
断ってもほかにいくらでも行き手はいるんだぞぉ!みたいなかんじですか、あ~ぁですよ。

さて、ご指摘の通り、帝国主義間争闘戦の理論は近年少々色あせたやに思っていたところもあるんですが、やはり原理的にそれはアリだと再確認すべきでしょうね。協調と対抗なわけで、最近どっかで目にしたのですが、アジアで米帝がもっとも注意を傾けているのは、かの北朝鮮でもなく、中国でもない、我が「神の国」ニポーンであると。であればこそ、まるで徳川幕府への参勤交代や普請のような無理難題の対日要求なのだと。

民主党は権力奪取と同時にマスコミが「維新」と騒ぎ立てるようなダッシュをしてますが、激しい危機感を感じますね。かつてのコイズミが党内の抵抗勢力との疑似闘争をテコに強権をふるった構図に、民主と自民とがすっぽりかぶるようなことには注意を喚起してやまないものであります。

ま、とりあえずぼちぼちではありますが、再開ということでひきつづきおつきあいいただけましたら幸いでございます。 コメントいただきありがとうございました。
薩摩長州 | URL | 2009/09/19/Sat 02:31[EDIT]
Track Back
TB*URL

オバマとゲバラと広島
広島市の秋葉忠利市長が、昨日、ホワイトハウスでオバマ米大統領と面会して広島訪問を直接要請し、オバマ大統領は「行きたいです(I would like t...  [続きを読む]
Looper's Log 2010/01/22/Fri 21:42
Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。