たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画
シルバーウイークなんてどこにも行かない、お金も使わない、とかいって全然そうなってませんね。
靴を買ったついでにというわけではまったくありませんが、漫画を買ってみました。

ついこのあいだ、出張の帰り道、ラジオをききながら運転していると、パーソナリティーが紹介していたのがこの本、「星守る犬」(村上たかし)です。


P1010073.jpg


「星守る犬」といっても地球防衛軍の犬の隊員の話ではありません。まだ読んでいないのですが、心あたたまるちょっと切なく悲しいお話らしいです。作者の村上たかし氏がそのラジオの番組のなかでいっていたのですが、村上氏が神戸在住だったころ、大阪でみた文字放送の掲示板で、ある初老の男性と犬が車のなかで亡くなっていたというニュースを題材に書き上げたんだそうです。

岩波の文庫で「君主論」買おうとお街へでたとき、ふと思いついて探したのですが見あたりません。最近は店内備え付けのPCで位置を確認できるので本探しは容易になったと思っていたのですが、みつかりません。
漫画のコーナーを何周も徘徊する、みるからに胡散臭いおっさん。周囲の空気になじんでないなと感じつつ、身の置き場がないような居心地の悪さをはねのけて、捜すも発見に至らず。

店員さんに聞けばそれでOKなのかもしれませんが、いやなんですwa。宝探しみたいな感覚があるんです。
それでも、しまいにはさすがにくたびれ果て、レジコーナーへいって店員さんに、あの~「星守る犬」欲しいんですけどっていったら、レジコーナーの真ん前に平積みにされた山の谷間に3冊かさなってあった、「星守る犬」をいともあっさり手渡されたときは激しく消耗しました。蔵書マップうそじゃん!

どうも動物系かわいそ物語って弱点でして、○tayaのレンタルにいったときは「子狐ヘレン」をまいど手にはとるのですがレンタルに至らないというへたれでもあります。まあ、そうしたたぐいのものとは「星守る犬」はちがうのだろうとおもうのですが、ともあれ明日草取りのあいまに正座して読んでみようとおもいます。

そうそう、当ブログにコメントをよせてくださる美也子さまも、ご主人が買ってこられたとのことで記事をあげておられたこともこの本をもとめた大きな動機であります。




Comment

 秘密にする

>ある初老の男性と犬が車のなかで亡くなっていたというニュースを題材に書き上げたんだそうです。

ああ、やっぱりそういう実話がもとになっていたんですね。切ないなあ。

>まあ、そうしたたぐいのものとは「星守る犬」はちがうのだろうとおもうのですが

どうでした? 私はずっと引きずってます。でも、読んでよかった。
美也子 | URL | 2009/09/22/Tue 10:25[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。