たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬱病
まあ、毎年心臓がとびだすくらいびっくりすることはあるもので、それは先の記事でも書いたことですが、人ひとりこの世に生をうけ墓におさまるまで平穏無事にというわけにいかない”市民社会”なのでいたしかたないのですが。

ちょうど5年ほどまえの今頃でした。夕刻、ブログ記事を書いていた私のところへやってきたローザが、「今日、職場の定期健康診断で、ほぼまちがいなく乳癌だっていわれたんだけど~。いま仕事がいそがしいし~、ど~しようか♪」とお気楽そうに言ったのでした。

「ど~しよう、こうしようもないだろう! 明日速攻できってもらえぇえええ!」と一喝しました。
そのときは、さすがに頭がクラっとくるくらい驚きました。まあ、翌日手術となるわけはないのですが、おおよそ最短距離の日程で手術となりました。病理検査の結果は予想どおり悪性でしたが、さいわい転移をみとめず、早期発見の温存切除にてセーフでありました。

その後、放射線治療やら、抗がん剤、定期的な検査を積み重ね、再発、転移なくなんとか5年経過しました。内臓系の癌なら5年経過で問題なければ無事釈放らしいですが、乳がんの場合は引き続き、数ヶ月に一度の検診を受けたりと、ひきつづき経過観察が必要なんだそうです。とはいえ、とても安いとはいいがたい薬の必要はなくなるとのことでした。

この癌といわれたときの衝撃はなかなかのもんでしたが、2年まえの季節は梅雨のころ、ちょっと早めにお仕事がきりあがり家に帰ると、ローザの車が駐車場にある。「あ!今日はお仕事、お帰りが早いじゃん♪」と家に入ると、人の気配がまったくない。すでに当時、地響きのような”鼾”に辟易して、家庭内別居していた私は、ローザの部屋の扉をあけて驚いた。

部屋の中でしかれた布団のうえで、まるでスライムのように溶けた状態の彼女。ただごとではないと、抱き起こして「医者に行こう!」と私。へろへろの状態から「私、鬱病なの。春先から通院している。」といわれ、これまた心臓がとびだしそうになるくらいサプライズでした。

癌の治療薬の副作用で鬱傾向がでやすいという話は、主治医からきいていましたし、彼女自体が学生のころからそうした傾向をキャラとしてもっていたことはわかっていたのですが、「ああ、これが鬱病なんだ」と頭で理解していたことと、実際リアルに目の当たりにしてみて、その差違にひどく戸惑ってしまいました。

幸い医者をかえてみて、処方された薬がビンゴだったのか、ひとところげっそりと減った体重もすっかりもどりるどころかオーバーし、いい調子でくらしています。とはいえ、やはり季節の変わり目などにはド~ンとボルテージがさがるようです。それと、私の稼ぎがド~ンとさがるとよろしくないようで・・・このたびの、年末家庭不破の原因となったりします。

さて、他者と競争して勝ち続けねばならない、そんなお仕事からいだだくストレスも強烈ですが、やはり、歳をそれなりにとって思うことは商品価値を自分が失ったとき、ごくごく自然にお墓に収まるまでのあいだ生きてゆけるのか、暮らしてゆけるのか、そんな不安が無視できなくなってまいりました。

本来、シホーン主義の世では、労働力の価値というのは、自己の労働力の再生産費用と他者の生産、次世代の労働力の生産のための費用との合算でなければならない。しかし、もうちょっと踏み込んでいえば、労働ができなくなったのち、墓に収まるまでの生活費他一切も含まれていなければならないのです。

ちょっと話がすべりました。労働力の価値についてはまだのちほどあらためて記事をあげようと思っているので、そのときということで。鬱病はずいぶん多くの方々が患っておられるようですね。まあ、社会的富に溢れかえった我が「神の国」ニポーンではありますが、いまさら言うまでもなく”貨幣”がなければ富とは無縁な疎外された存在でしかありません。

博打のような金融&証券市場による自然発生的な社会的資本の配分と盲目的な生産の増大と縮小は将来の見通しを大変困難なものにします。先のみえない不安と鬱はまんざら無縁ではなかろうかと思います。
働けなくなった中高年が厳冬の路上で凍死したり、自殺したり、わずか数千円数万円のためにコンビニへ強盗にはいる。そんな殺伐とした時代がくるとは、そうした悲劇を避けんがために日々、自分と他者との闘いに追われる現役労働者。鬱病それもありかと

私らが学生さんだったころすでに”死んだ犬”がごとき扱いをされつつあったマルクス経済学ではありますが、こんなご時世にいたって、「ほ~ら!マルクスがいったとおりになったじゃないか」といったところで、競馬の予想屋ではあるまいし無意味なことなのですが、先行きのみえない混沌とした時代にほんのわずかでも導きの光をあたえる力は失われてはいないようにおもいます。鬱病の特効薬にはなりませんが・・・ 

まとまりのないお話でお粗末さんでした。



追記 アッテンさんがいかにたいへんなのか、少しは身にしみてわかったような気がしました。最近ブログの更新が少ないのは残念ですが、とりあえずお仕事が忙しい様子で、ちょっと一安心。とはいえ、あまり根性入れすぎるとアキマヘンyo。とはいえ、もはや、ほどほどになんて言葉が許されないほど、キビシーご時世ではありますが。



追記 すんません、文中の「5年前にブログ記事を書いていた」は管理人の記憶違い、正しくは「コメント」のまちがいでした。失礼いたしました。

Comment

 秘密にする

こんばんは。
今は元気すぎるほど元気にしてますが
我が家の奥さんも同じ時期に『乳癌』の告知をされました。
抗がん剤で髪の毛は抜けるは、吐き気が酷く寝込むは
大変でした。
そうそう治療費もお金の感覚が
無くなるくらい掛かりました。


ルイ | URL | 2010/01/27/Wed 18:20[EDIT]
すっかりごぶさたしております
去年はバラの世話どころではなくて、ほとんど園芸記事もあげることができず、すっかりご無沙汰してしまいました。ことしはいい花をさかそうか、というおもいとは裏腹に、天候不順もあり今年もまだ剪定がすんでいません。

さて、そうでらしたのですか、ごぞんじとはおもいますが、乳がんってすごく多いらしいですね。アメリカでは実に7人に一人だそうです。主治医がいっとりました。

なによりも、今は元気だということで、よかった、よかったですね。うちの家内は、抗がん剤の副作用らしい副作用はなかったのですが、放射線治療のあと、白血球の減少がみとめられました。それに関しては、いまでも継続して経過観察中のようです。

癌の治療ってものすごく湯水のようにお金がかかるのに、私もびっくりしました。主治医が術まえの、インフォームドコンセンスで、学会のガイドラインにそって、治療方針を提示しますよね。それは、それは定食の”松竹梅”のように私はうけとめました。なによりも、私を驚かせたのは、”梅”以下のグレードとして、「術後の治療をおこなわない」というのがあることが選択肢としてあったということでした。まあ、当然と言えば当然かもしれませんが、いいしれぬ空しさとさびしさをかんじました。

ことしは、いい花を咲かせて、みていただこうとちょっとやる気がでてまいりました。たまにはのぞかせていただき、コメントもさせていただこうとおもいます。ひきつづき、よろしくお願いします。冬の厳しさは2月が本番です、お風邪などひかぬよう、奥様ともどもご自愛なさってくださいませ。

ご訪問いただきありがとうございました。
薩摩長州 | URL | 2010/01/28/Thu 23:23[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。