たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさ
皆さんお久しぶりです。立秋ということではありますが、猛暑がつづいております。おかわりございませんか、熱中症はだいじょうぶですか。私はついこのあいだ炎天下での仕事で手が痙り、立ち眩みがして、即行医者に行ったら、あっさりと”熱中症です”と言われました。

さて、5月に記事を上げて以来、言えること、言えないことさまざまな事情がありまして、いただきましたコメントにもTBにも応えることもなく、ながく留守をしてしまいました。どうもすみませんでした。そして、その間にも当ブログに訪問くださった方々には心より感謝いたすしだいでございます。おかげさまで、冗談で設置したカウンターも30000台へと乗りました。恐らく、100000へ届く頃には戦争と革命の時代における方向性もよりはっきりとしたものとなっていることでしょう。ありがとうございました。

ちょっとした設定のトラブルから自ブログの閲覧ができない状態からはじまり、5月の連休明けからふた月以上にわたる半失業状態、愛猫の死、昼夜の仕事からの睡眠障害、おしりの手術、パートナーの鬱病などなど七転八倒の日々ではありましたが、とりあえずなんとか生きておりました。

さて、ようやく7月も半ばからまとまったお仕事も入り、生活も軌道を回復したところで、昨年につづきまして今年も8・6ヒロシマへといってきました。参加した集会は昨年と同じく「今を感じる・過去を学ぶ・未来につなげる 被爆65周年8・6ヒロシマのつどい」と「8・6ヒロシマ 平和の夕べ」をはしごしてきました。

どちらも昨年とはまたひと味ふた味ちがう内容で、時間の経つことを忘れさせるような集会でした。
で、その内容はといえば、キャパの乏しい私の頭では、すべてを語り伝えることはできませんが、強く印象に残ったところだけいくつかかかせていただこうかとおもいます。

と、したうえで今日は久々のご挨拶と生存証明とさせていただき、後日書かせていただきます。すんません、病みあがりなもんで(笑)  おやすみなさい

つづく


とても暑い日でした きっとあの日も・・・ 
P1000204(1).jpg



Comment

 秘密にする

おかえりなさいませ
 薩長さん、おかえりなさい。このままブログが消滅するんじゃないかと心配しておりましたので、何よりです。いろいろ大変だったんですね。
shira | URL | 2010/08/09/Mon 16:09[EDIT]
身に余る光栄
shiraさま、たいへんながくごぶさたしてしまいました。そちらへうかがうこともなかなかできぬまま、気がついたときはすっかり文章を書くことが苦手になっていました。元来、もの書く人ではない私は、書かないと書けなくなる凡人です。

いま、お盆休み前で仕事があわただしく、盆休みは15日だけのようです。とはいえ、ふた月以上ろくに仕事が無かったので是非もありません。せっかく再開したのですが、じっくりブログに向かい合う=自分自身と向かい合うことができません。しばらくは、短めの文章でリハビリということにしようかとおもっております。

どうも去年あたりから災難つづきではありますが、まあ、一応は社会科学系としては、世界的な危機の荒波がさざ波となって当家に押し寄せているくらいに考えています。波は低きところへ一番におしよせるものなれば、当家の生活レベルからいうならば容易にことの始終は理解が可能というものであります。

まあなにはともあれ、再開一発、コメントをいただき消滅の危機を心配していただきましたことは自他ともに認める過疎ブログにとりまして身に余る光栄とおもっております。ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。m(_ _)m

薩摩長州 | URL | 2010/08/09/Mon 23:51[EDIT]
いろいろと大変だったんですねぇ。。。
お疲れさまでした。

人生には予期せぬさまざまなコトが起こります。それも「こんな時になんでやねん!」てなくらいに、いくつかが重なったりして。ホント、よく乗り切られました(乗り切る努力の最中かもしれませんが・・・)。

まずは、経済的基盤を建て直し、そこから進撃いたしましょう。。。
| URL | 2010/08/15/Sun 23:34[EDIT]
生きてます
風さま、すっかりごぶさたしてしまいました。ご訪問いただきありがとうございます。マルクス主義は経済学を基礎として資本主義崩壊の客観的条件として情勢論を導くことがステップの一つです。

そんなわけで、この世が崩壊へむかうという認識はあれど、それが主体的には同時に我が生活の崩壊とシンクロするということも事実でありますが、なかなかストレートにはうけとめることができないものです。

歴史的にはあの激動の30年代に歴史に翻弄されつつ個々人はどう生きたのか、関心がむくところであります。

まあ、それにしても3種の職がありながら、どこからもお仕事がこないという状況は本当にまいりました。
はじめての現象です。いまはというともの凄く忙しくて、これまた厳しい残暑とあいまって激しく疲弊しています。どうも無いときは全くなく、あるときは忙殺されるというパターンが固定化されてきているようです。

暇でも書けないし、忙しいと書く間がないということでは、ブログは消滅の道をたどりますんで、負担にならぬ程度のボリュームにしても続けていきたいものとはおもっています。そちらものぞかせていただきましょう。私は歯に衣着せぬ、風さまを敬愛しております。これからもよろしくお願いいたします。m(_ _)m
薩摩長州 | URL | 2010/08/16/Mon 00:06[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。