たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老いやすく学成りがたし
肩こり指数☆☆☆


群馬県藤岡のジャンクションでおきたバス事故は、JR西日本福知山線脱線事故を彷彿させる大きな衝撃だった。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。その後の報道でつぎつぎと明らかにされた驚愕の事実、悲しいかな、ハイリスク&ハイリターンは博打のような投機的証券市場だけのことではなく、いまやこの社会全体を支配しそうな勢いだ。それどころか、ハイリスク&スタンダードにすらなりつつある。

国家の経済活動への一定の介入であるさまざまな規制は、一面では今回のような惨事を教訓として積み上げられてきたものだといえる。これら規制の撤廃を声高に叫ぶ”新自由主義”の行き着く先をこの事故でまざまざと見せつけられた気がした。
とはいえ、そうした主義がそういう事態をみちびいたのではなく、資本主義の必然的帰結として登場してきたのであるが。そこここそが問題なのだ

さて、この間のお休みで、ぼちぼちだがお勉強していたものの一つが経済学だ。すっかり目と頭が悪くなってしまい遅々として進まないのがはがゆくもあるのだが、今を認識し、未来を予測するにはこれしかない。新自由主義の奥底も、デフレスパイラルの行き着く先も・・・

幸い、高価な専門書を買わなくても(どうしても買わねばならないことも多いが)、ググれば結構お宝が手に入る。金融・証券の世界の話は、素人投資家ウエルカムのご時世にあって情報にあふれている。利子生み資本の認識をふかめるにテクストは豊富だ。

ここのところずっと向かい合っているのが国債だ。やはり、これが帝国主義の危機のメルクとなるだろう。いまから30年くらい前のとおいとおいむかし、飯田橋で首都圏の○学童をあつめて島崎氏が「国債と日帝の危機」をテーマに講演をしたときにそういっていたようにおもう。

資本主義は自由主義段階では周期的な恐慌で資本主義はリフレッシュする。だが、帝国主義段階では国家が財政的な梃子入れをおこない恐慌を回避する。財政的な梃子入れの主力は国債であって、国債は積もり積もって巨大な財政赤字をもたらす。危機は財政赤字という形で蓄積される。蓄積された財政赤字がやがて国家信用を大きく揺るがしたとき、国債は大暴落し、金融資本は崩壊する。

てなことにならないように、税収をアップして、神の国ニポーンの国債は安全です、国の支払い能力はあります。ということにならないといけないので、野田はしゃにむに消費税アップにアップアップなのだろう。

と、以上のことはイデーなので、現実の経済動向から数字をおって精査してゆける力が必要だとおもうのだ。ちなみに、巨大な財政赤字は無駄をなくしての緊縮財政などで解決はない。それほどその額は膨大だ。いま、ギリシャ人民が直面している「緊縮政策」という困難は、単なる行政サービスの低下のレベルではなく、あからままな大増税=強収奪以外のなにものでもない。もし、ケルンが存在するなら、ストレートに革命に転化する情勢である。もしそうなれば、それはたちまちEU全土にとびひするだろう。

こんかいのギリシャが抱えた膨大な対外債務や、我が神の国ニポーンが抱える膨大な財政赤字を最終的に突破するものは、革命ロシアのような革命的踏み倒しか、大日本帝国のように侵略戦争にうってでて経済圏を拡大するしかない。

と、これもイデなので、経済的危機を政治的にどう突破してゆくのか、その具体的プロセスを歴史のなかから学びたいなと思っている。だれか、いい参考文献がありましたら教えてくださいませ。<(_ _)>


をはり

Comment

 秘密にする

おひさしぶりです
 薩長さん、お久しぶりです。実に。
 例のバス事故を福知山線脱線事故と関連づけた記事はたぶん初めて見ました。私はすぐにそう思ったのですけど、中央メディアは危険運転のことしか話しませんで。
shira | URL | 2012/05/07/Mon 21:21[EDIT]
大変長い間、留守にしてしまいました。おひさしぶりです。おかわりございませんか。
私は、先にあげました記事どおり、不注意で今年春先に怪我をしてしまい、ふた月ちかく歩くことができませんでしたが、それもようやくほぼ治癒しました。

めり込んだ遮音壁が車体を真っ二つに引きちぎるよう大破したバスに、福知山線事故でマンションにめり込んで大破した車両にかさなってみえました。

私がブログを始めて間もない頃だったでしょうか、”偽装問題”がつぎつぎと明らかになり、企業コンプライアンスさかんに問われたことがありました。あれから5年、デフレのさらなる進展と、円高圧力は労働環境をさらに厳しいものにしていると思うものです。

命がけで働かねばならぬ社会とはなんなんでしょうか、怒りがこみあげてきます。
マルクス経済は”社会とそこにおける労働の考察”にほかなりません。「駐車違反は社会のせいか?」と問われれば、胸をはって「そのとおりだよ」と。shiraさまもそんな視点をお持ちのようですね。

まえにもまして、ぼちぼち更新になりましょが、なにとぞ変わらぬおつきあいいただけたら幸いです。これからもよろしくおねがいいたします。

薩摩長州 | URL | 2012/05/07/Mon 23:30[EDIT]
占ってあげる☆
008CY48I
さてさて、今週のあなたの運勢、早速占ってあげましょう!
結果は・・・
大吉!!まちがいなし!!!全てがうまくいっちゃうかも☆
http://5t54kcm5.anp.xac6a.net/5t54kcm5/
巫女巫女なーす | URL | 2012/05/11/Fri 02:24[EDIT]
デビッド・ハーヴェイ
『資本の<罠>』がここでの問題意識に対応してくれそうです。
TAMO2 | URL | 2012/05/31/Thu 22:34[EDIT]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2012/07/01/Sun 03:17[EDIT]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2012/10/19/Fri 15:46[EDIT]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2013/01/31/Thu 13:47[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。