たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しょぼい秋その6
武装せる園芸家薩摩長州です。今日は特別にその武器の一部を披露いたします。

園芸道具その1

左は結束用のビニールひも、その隣が枝切用のこぎり。右上から、差し木用ナイフ、コンパクトバーナー、雑草殲滅用除草フォーク、芽切りばさみ、剪定ばさみ。これらが標準装備であります。特別装備はまた後々と言うことで、お楽しみに。(だれも期待してない?)

秋のバラの開花もいよいよあとわずかとなってまいりました。
今日もバラを貼っておきます。癒されてくださいましまし。

モダンローズ 強健なつるバラ バタースコッチ 色合いが独特
バタースコッチ


イングリッシュローズ ザ・プリンス
ザ・プリンス


チャイナローズ グルスアン・テブリッツ
グルスアンテブリッツ


イングリッシュローズ ガートルートジェキル 偉大な園芸家の名にちなむ ちょっとピンボケ
ガートルートジェキル


Comment

 秘密にする

わ!
 薩摩長州さん、私の弱点というかツボをモロに刺激する写真を
・・・。私、この種の道具類に目がないんですよ。特に工具類。ホームセンターに行くと、未売場ごと持ち帰りたくなっちゃうくらいで。で、たまに買ったっきり全然使わないなんてこともあって。
 まだ特別装備が出てくるんですか?まずい、また病気が再発して妙な道具買っちゃうかも。
shira | URL | 2007/11/15/Thu 21:41[EDIT]
お~っ!
すごい武器‥。^^バラと武器‥。なんだかミスマッチだけど、これで美しいバラを面倒みてるのか~。っていうか、マジ、バラつくってるんですか~?やだ、薩長さんともミスマッチ。あははっ。バラって、手がかかりそうだな~。気が長くないと育てられそうもないなぁ。なんだか、ツンとして手のかかる女性と似てる感じ?忍耐が必要なんじゃ?うははっ。^^


いっつも、ポチをありがとうさんどす~!^^
ココロ | URL | 2007/11/16/Fri 01:17[EDIT]
おはようございます
>雑草殲滅用除草フォーク
これ、初めて知りました。スグレモノですか??

いつも素敵なバラを見せつけられて、いや、見せていただいて、かなり気になっているのもあります。
薩摩長州さんはいろんなタイプを育てていらっしゃるようですが、私は最近好みがはっきりしてきて、これいいな~と思うと、似たような色合いのばかり。先日教えてくださった通販サイトは、お値段もGOOD!ですね。うちは地植え専門(鉢は根が凍って冬越しが難しいのです)なので、よくよく考えて選ぶつもりです。
美也子 | URL | 2007/11/16/Fri 09:00[EDIT]
こんばんわ shiraさま
道具フェチでありますか。ならばぜひとも第二弾、第三弾をせねばなりませんね。
と挑発したりして(笑) 私も道具フェチなのであります。ちなみにハサミはプロスペックのものであります。ゆえに、丹念に砥石で研いで使い続けております。そんな愛着の湧く道具に萌えます。続編に乞うご期待ということで、またおいでくださいませ。
薩摩長州 | URL | 2007/11/16/Fri 19:44[EDIT]
いらっしゃいませ ココロさま
いやはや、園芸が趣味になるとは、だれもが言います「おまえが園芸すんのかよ~」と。年とともに嗜好が変化するものであります。今のご時世に、生きるということは闘いであります。花は癒しであります。「どうぞ癒されて下さい」が園芸ネタのポリシーであります。 さて、薔薇は手のかかる女王様ですが、かけなければかけないなりに咲くしたたかな女王様でもあります。そんな芯の強さがよかったりするわけです。まだ、もうすこししょぼい秋シリーズは続きます。またいらしていただいて、どうぞ癒されて下さいませませ。
薩摩長州 | URL | 2007/11/16/Fri 20:00[EDIT]
こんばんわ 美也子さま
除草フォークは絶品です。これがないと雑草は根からはとれまへん。使用法は、雑草の根もとにフォークを突き刺しぐりぐりしてからフォークを斜めに倒して雑草を抜く。本来は芝生のメンテ用であります。芝生につくの雑草はこれでなければあきまへん。

相原バラ園のバラは、地植えが特によろしいようです。こだわりの特製自家ノイバラ台木は強力な成長力を秘めておりますので、園主ご推奨の弁によると、鉢では十分なパフォーマンスを発揮できないようであります。そのためには、地植えは少なからず経年、根頭癌腫病を避けることが難しい場合があります。テッポウムシなどがつきましたら株元を傷つけ根頭癌腫病に罹るリスクを犯してでも退治せねばなりません。その点ここのバラ苗は全てバクテローズ処理がなされており癌腫フリーでありますので心配無用であります。私は根頭癌腫病が一番がっかりであります。バクテローズ処理を自分でしようと思い農協に調べてもらいましたら、一箱5000円一ダースからの注文販売60000円とのことで、諦めたことがございます。そんなこんなで、私の知る限りでは豊富なオールドローズを含む多彩な品種にくわえ、最高のクオリティーのバラを提供してくれるバラ園であると思っております。ただ、ローズショップ開店と同時に人気品種は争奪戦になるので速攻でポチをしなければならないのが弱点かと。開店の日には仕事を休んで朝からPCの前に釘付けで待っている人もいるとのことであります。私もその口かも知れませんが(苦笑)
薩摩長州 | URL | 2007/11/16/Fri 21:52[EDIT]
バラはバラでも
 植物のバラはちんぷんかんぷんですが,ロイヤル・アルバートの陶器に old country roses というのがあって,愛用しています.庭にテーブルを出して屋外で朝食をとることがあり,そういう場面によく似合うティーカップです.
Ladybird | URL | 2007/11/16/Fri 23:26[EDIT]
いらっしゃいませLadybirdさま
私も、春から初夏にかけてのころには、デッキでモーニングをなんてしゃれたことをしたりいたします。デッキは手作りであります。たくさんのバラにかこまれて、浮き世の苦労を忘れるひとときであります。

いまごろのバラの流行は、1867年作出の現代バラ(モダンローズ)の祖たるラ・フランス以前のオールドローズと呼ばれる品種群であります。四季を通じて開花しなおかつ花壇に植えて良し、品評会に出して良しなどの理由からモダンローズが永きにわたり市場を席巻し、オールドローズはすっかりと姿を消し、種が途絶えてしまったものも多くございます。そうした歴史的試練をのりこえていまに残った品種群がオールドローズであり、そうであるがゆえヘリテージローズなどといわれるものであります。モダンローズに比べあまり複雑怪奇な交配を施していない、原種にほど近いところに位置するこれら品種群はその素朴な風合いとあいまって、庭に植えて自然なシュラブを樹形とするところに特徴がございます。

バラは木でありながら草のように非常に代謝がよいので、交配の結果が2から3年でわかるので、遺伝学の発展と符合するように膨大な品種が生み出されては消えていったようであります。まあ、蘊蓄はこれほどにいたしまして、「武装せる園芸家」薩摩長州の薔薇の世界をご堪能いただけたら、これにまさる喜びはございません。
薩摩長州 | URL | 2007/11/17/Sat 20:32[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。