たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たわいもない話の王道2
今日はちょっと趣向をかえてみます。

私は文章を書くのが下手です。論文は「論文の書き方」系の本をとっかえひっかえずいぶん読んできたし、教官にも、指導部にもさんざっぱら指導をいただいたのだがさっぱりだ。一つの理由は常に読み手の顔を暗黙のうちに想定して書いているからなのだと思っている。
マイブログでの記事でも人様のブログにコメントを入れる場合でも少なからずそれを読んでいただく方々の顔が見えない事への戸惑いのようなものがある。よりよく伝えるための努力を惜しんではいけないなーと日々おもうばかりである。

さて、私が大学受験をしたころは、現代国語では論理的な文章の代名詞のように小林秀雄の論説文がとりあげられていたが、今日はそんな小林氏とガチンコしてしまうようなルサンチマンにあふれた、否、「論理的」な文章をみかけたのでこれを例に設問を設定してみようかなっと思った次第である。こうしたトレーニングが論理的な文章、書き手の意図がきちんとつたわる文章を書くことができる能力を培うのかも。


●以下の文章を読み各設問に回答しなさい

ココロさんへ
ココロさん、それと、ココロさんに同調する方々は、非常に勘違いしています。

知識の有無は、発言の自由を制限するものではありません。素朴な疑問や率直な感想は、人間誰しも当然抱くことであり、それをブログ等で表明するのも、それを私も冥王星氏も否定などしていないのです。

しかし、『ブログは不特定多数が閲覧できる』という点と、『論拠が曖昧・根拠が不明確なものは、自分の発言に責任を取らないのと同じである。』ということ、これは言論の自由においての原理原則でもあります。

もちろん、「意見そのもの」は、何も具体的な論拠も根拠も、必ずしも必要ありませんし、自分が知る範囲で、自分が考えられる限度で意見を持ち、そしてそれを表明してもいいとは思います。
ただ、ここでココロさんたちの欠点は、「ご自身の知識や情報が不十分であることを認識しながら、知識や情報がある人からの指摘を受けたことについて、何ら修正するどころか、その修正にストレスを感じる」ということです。
インターネットでの意見表明は、批判を受けることもまた受け入れることで成り立っています。単なる悪口や誹謗中傷を容認せよというものではありませんが、少なくとも私がココロさんやmxさんに指摘したことに対して「持説を曲げない」「ストレスを感じる」というのであれば、ブログをやめるのが「言論の自由」に生きる社会人としての義務であり責任です。

これを容認しない考えを肯定する社会の恐怖を、我々日本人は歴史から学んでいるはずです。最もポピュラーな事件は、関東大震災の朝鮮人虐殺事件です。
というのは、「間違いを修正しない」は「故意に嘘をついた」のと同じであり、「(wakuwaku_44の)指摘にストレスを感じる」のは「自分の言動に責任を持つ気がない」のと同じだからです。

mxさんの憲法論にしても、衆議院の解散等、天皇の認証を必要とするものが、事実上は時の首相に権限があり、その濫用を防止したいという気持ちは理解できます。しかし、残念ながら、mxさんの主張は、明らかに天皇に政治的権能を持たせるものであり、むしろ護憲の側が全面的に容認しないものなのです。私に反論すれば反論するほど、国民主権の原則を崩壊させる言動になっていたことに気づいていれば、私に反論せずに素直に受け入れ、主張を軌道修正していたはずです。ところが、それを認めたのかどうかはわかりませんが、私をイグノアしてきた。受け入れたのであれば、指摘した本人に対してその旨を表明するのが責任です。

東○南北や薩摩○州に至っては、私を排除するためだけに投稿をしている状態ですから、コメントする価値すらありません。もっとも、言論内容についての知識も情報もなく、主観と思い込みのみで発言をし、そしてその「思い込み」を「民主的」「人間的」だとしているため、こんなのは論外の中の論外です。以下略

設問1
「言論の自由」に生きる社会人としての義務であり責任としてブログをやめなければならないのは誰か文中の人物の名を用いて答えなさい。


設問2
筆者があげているブログをやめなければならないとする理由を80文字以内で書きなさい。


設問3
『「間違いを修正しない」は「故意に嘘をついた」のと同じであり、「(wakuwaku_44の)指摘にストレスを感じる」のは「自分の言動に責任を持つ気がない」のと同じだからです。』の文中の(wakuwaku_44の)を言い換える場合以下のどの語が適切か答えを選びなさい。

A.庶民の B.ノーベル賞作家の C.偉大な哲学者の D.宇宙の権力者ベーダー卿の


設問4
文中の「東○南北や薩摩○州に至っては」○のなかにはいる適切な文字の組み合わせはどれか答えを選びなさい。

A.西・長  B.京・九  C.方・中  D.風・本


設問5
筆者が「言論の自由においての原理原則」の要件としてあげている「論拠が曖昧・根拠が不明確なもの」の判断基準について全体の論をふまえ、文中の語彙を用い「筆者の」に続けて15文字以内で書きなさい。


最後までたわいもない話にお付き合いいだだきありがとうございました。
今日は猫さんを貼っておきます。癒されて下さい。家無き猫に愛の手を。

なめんなよ!!
なめんなよ


Comment

 秘密にする

疲れるなあ
 すんません、私、ギブアップします。
 唯一心に引っかかった(いい意味で)のは「間違いを修正しないのは・・・」のくだりだけです。ただし、このフレーズで私が思い出したのは、このブログの関係者ではなくて、間違いを指摘されると逆ギレして記者を恫喝する某有名作家知事ですが。
shira | URL | 2007/11/24/Sat 19:06[EDIT]
shiraさま、すみません
疲労させてしまいまして、すみませんでした。
たわいもないというより「しょーもない」でありました。
薩摩長州 | URL | 2007/11/24/Sat 20:04[EDIT]
wakuwakuは論理的に人を殺すんですね。
 問1:wakuwaku_44。

 問2:回答不能。ここに出ててきているみんなが朝鮮人の虐殺を容認していない。筆者の理由は具体的な根拠なく空論。たんなるルサンチマン。

 問3:D.宇宙の権力者ベーダー卿の

 問4:A.西・長

 問5:筆者の知識と情報と主観と思い込み。
東西南北 | URL | 2007/11/24/Sat 20:52[EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2007/11/25/Sun 11:16[EDIT]
「管理人のみ閲覧できます」さまいらっしゃいませ
ご指摘のとおりであります。私がコメをするしないに関わらず、ちょくちょくのぞかせていただいているリベラル・レフトなブログで、この奇っ怪な現象は発生いたしますのでご注意下さいませ。コメントありがとうございました。
薩摩長州 | URL | 2007/11/25/Sun 12:26[EDIT]
もう‥たぶん‥発生しないはずです。
承認しないことにしましたので‥^^;
みなさんにイヤな思いをさせるので
思い切りました。
それでも、コメントはきてますが‥。
でも、少なくなり、気分爽快~♪^^
ココロ | URL | 2007/12/06/Thu 00:23[EDIT]
ココロさんへ
 まだしつこくコメントを送ってきているのですか?自公政権を批判している大衆は衆愚であり、自公政権を誤解しているから認識を改めなさい、という趣旨のコメントばかりですからね。「誤解しているのは君だよ」と東西も何度もいうのですが、それは独善と主観らしいです。

 ココロさんのブログでもコメント禁止、他にも「http://blog.so-net.ne.jp/kyoikushiminnokai_in_shiga/2007-09-01」のまいさんのブログでもコメント禁止、削除になりました。今現在は、「http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/archive/c35382141」のあゆさんのブログでも執拗にコメントし、

 あゆさんから、「wakuwaku_44さん。ご自分のブログでお願いします。
これ以上、悩ませないでください。コメント閉鎖考えてます。
by ayu15 (2007-12-05 11:05) 」と言われています。

これに対し、またもや、wakuwaku_44は反省することなく、次のようにコメントして「おりますです。

「こういうコメント(注:東西のコメントのこと)は許されて、地方交付税の説明は削除ですか。その理由をぜひお聞かせ願いたいです。はっきり言って、扱いが理不尽にもほどがあります。
by wakuwaku_44 (2007-12-06 00:47) 」

あゆさんのブログでもコメント禁止になるのは時間の問題かも。

ちなみに、やめ蚊さんにも「あなたと議論する必要はありません。コメントは控えてください」と事実上、出入り禁止です。

かろうじて、津久井弁護士のブログでコメントしておりますが、津久井弁護士もコメント禁止措置をとればよいのにと東西は要望しております。

 結局、反自公政権のブログに挑発コメントをして「反応」を見て回る悪趣味で迷惑行為なんですが、自覚がないですね。
東西南北 | URL | 2007/12/06/Thu 01:47[EDIT]
ココロさまいらっしゃいませ
そうですか、ついに踏み切られましたか。いいんじゃないですか、なんの問題もないと思います。歩み寄る気がない人とは限りなく平行線です。そんな人は絶対にいます。歩み寄れない理由が貧弱な論拠と裏腹に自己の「絶対的正しさ」であると言われたら、対話のしようがありません。

まあ、それにしても、そんなに莫大なボリュームのコメを送ってきてたとは知りませんでした。私は「危ない系サヨク」ですけど、ベーダー卿も相当危ない系ですな。まあ、私もあまりとやかく関わらないことにしました。なにか、底がみえたと言う感じです。
かつさまの「無敵の人々」という記事のまさに「無敵」にして、宇宙の権力者ベーダー卿ですから、庶民の「浅知恵」がかなうわけありませんから(心にもないことを言って大爆笑)。
薩摩長州 | URL | 2007/12/06/Thu 23:23[EDIT]
いらっしゃい東西氏
そっか~、あゆさんのところへ行ってたんだ~。困ったちゃんだな。そういえば、ベーダー卿は「東○南北や薩摩○州」と言うフレーズを最近頻繁に使用しているようだが、区別がつかないほど錯乱してるのかな? 同じくらい腹が立つということなのかまったく不明である。

まあ、いずれにせよ、ワタシ的にはどうでもいいことのように思えるようになった。あれを相手にしてる間があったら読まねばならない古典がまだいくらでもあるのでそちらへ時間を割こうと思う次第である。そうしたうえで、たまにはこうして消息くらいは教えて下さいな。元気な発言をたまに聞けたりすると嬉しかったりするのだよ。「お元気そうでよかった~!」みたいな感じ(爆) 
薩摩長州 | URL | 2007/12/06/Thu 23:42[EDIT]
なるほど、かの方と口調がそっくりですね。
やたらと博学ぶりをひけらかしたがるところも
以前から津久井さんとこでもめてたのは知ってましたよ。
かつ | URL | 2007/12/22/Sat 20:29[EDIT]
かつさま こんばんわ
そうですね、そっくりです。どこから湧いて出てくるんでしょうか、この疑うことを知らぬ、完全無欠ともいえる自己の認識への絶対性は?

哲学に疎い私でも、ソクラテスが無知の知を説いた気持ちがわかるような気がいたします。私なんぞは、ごくごく狭い領域でアンダーグラウンドな知識しかありませんから、学ばせていただくことのほうが圧倒的に多いですがね。

まあ、「かつ君」というのも凄いですが、私は「薩摩○州」って呼び捨ての伏せ字ですからね。氏は自らのブログを開設する以前から、私に書き込み禁止を宣言しております。
フェアーじゃないですよ。自分の周りはしっかりガードで、他人さまのところでは言いたい放題の大暴れですから。まさに「無敵の人々」であります。

そうそう、あのマトリックスのプラグの話はとても興味深く読ませていただきました。
なになすの外部注入論とあわせて、私もマトリックスのプラグを書いてみようかなって思いました。またのお越しをお待ちしております。
薩摩長州 | URL | 2007/12/23/Sun 23:58[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。