たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買った!電動工具
いっやあ、更新をさぼってしまった。ちょっと昨日は寒い中仕事がきつかったりして。
久々のアウトドアーでの仕事だったので、速攻寝てしまったのである。もちろんみこと一緒♪

で、今日のお話はというと、亡国の記念日につい出来心で買ってしまった電動工具。
ディスクグラインダーを買ったのである。電動工具を買うのはひさびさで、ウキウキ気分なのである。コイツ10年くらい前に趣味で金属加工をするのに日立製を買ったのだが、煉瓦を切ったり、コンクリートに溝を切ったりとさまざま園芸の武器としてこき使ってきた結果、昨年、犬走り(踏み段大きいもの)をつくったとき目地棒がとれなくなって仕方なくコイツで目地を切っていたら壊れて動かなくなった。
以前からジェット機のような金属音がしていたのでどこかしらの部品が摩耗していたのかもしれない。

てなわけで、チャンスがあったら入手しようとは思っていたのだが、たまたまネコのカリカリフードを買い出しに行ったさきのホームセンターで、安くでていたので買ってしまったのだ。一万円でおつりがくるのならいっか。という感じである。ホームセンターであつかっている電動工具はホームユースとプロユースの二種類があるが、これはプロユースのもの。ボディーが水色はプロユースでグリーンがホームユースなのだ。違いはって言うと耐久性とパワーが違うようだ。



おおむねコイツがあれば、庶民が切りたいと思うものはほとんど切れる。石、煉瓦、鉄、非鉄金属はお手の物といった具合である。ディスクペーパーをつければ研磨も可能だ。
てなわけで以外と重宝する。

だ・け・ど とっても危険。使用するにはとてつもなく緊張する。もちろんゴーグルしてマスクして、夏でも長袖、ゴム手袋標準装備である。危険なこと西の電動丸鋸に東のディスクグラインダーといっても過言ではないだろう。指の一本二本落とすくらいわけのない代物だ。世の中便利なもの、魅力のあるものは往々にしてアブナイ側面をみなもっている。というたわいもないお話でした。


一家に一台ディスクグラインダー

グラインダー

Comment

 秘密にする

 おお、ディスクグラインダー!プロユース!うらやましいぞ。
 マキタって、昔「ジスクグラインダー」と表記していたような気がしますが、記憶違いかしら。
shira | URL | 2008/02/14/Thu 21:57[EDIT]
長州さん、こんばんは~。おひさ~デス。
最近コメントないので、ちょっぴり淋しいなぁ。
ってな、甘えはどうでもいいのですが、
そんな危ないモノ買っちゃったのですか。
う~む、そんな危険な説明読んじゃったら
わたし、心配症だからドキドキしちゃいます。

十二分に気をつけて、楽しんでください!
・・って書いても、まだ心配だわ。。。。。。。^^;;
ココロ | URL | 2008/02/15/Fri 00:27[EDIT]
いらっしゃいませshiraさま
おお!私にもそんな記憶がございます。ジスクってかいてあったような、まあ「ヂスク」ということはないでしょうがたしかにジスクはあったような気がします。我が国ニッポンの「誇る」カタカナ表記というのは実にミステリアスなものを沢山うみだしておることでございますな。そうそう、私の高校での英語教師は、このカタカナがあるからニッポンヂンは英語ができねぇんだよぉ!と絶叫しておりましたが、その根拠は欧米人にはカタカナがないから、他国の言語をそのままに素直に受け入れる。だから2~3カ国語を平気でしゃべってるではないか。というものでありました。「幼心」にちょっと違うと感じていた私なのでありましたが、はたして専門家の意見はいかに?
薩摩長州 | URL | 2008/02/17/Sun 06:58[EDIT]
いらっしゃいませココロさま
おひさしぶりです。毎日拝見させていただいてますよ~。私にとってとても重要な情報源であります。それにポチもね。イッター・ヤマァモット(イスラム系?)との熾烈なランキング戦はそれ自体が楽しみに転化しているようなところがございます。

さて、こんかい紹介のディスクグラインダーは危険ではありますが、たとえればちょうど大型バイクの運転くらいの危険度でありましょうか。とはいえ、車やバイクのように過失とはいえども故意でなければ他人様をあやめるような、そんな危険性はございません。ということを考えると、道具というのは便利であればあるほどそれに相応の危険を伴うものかと。原発なんぞはスーパー危険な代物であります。

まあ、ワタシ的には駐車違反も交通事故も資本が銭儲けのために野放図にどんどんと車売りまくる、車がないと生活できないような車社会を形成する。そんな循環のなかでもたらされる必然としての悲劇が交通事故かと思うのであります。車多すぎだって。ということであります。より、理性的に制御された経済システムへの変革がなければアキマヘンなってところに毎度のことですが思うしだいでありますが。

ご心配いただきまして、いたみいります。気をつけて使うようにいたします。有り難うございました。
薩摩長州 | URL | 2008/02/17/Sun 07:24[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。