たわいもない日々の雑感を綴ってみたいと思いまする。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大脱走
始まりで少々余裕していたら、お仕事が忙しくなってしまった。非常にまずい状況である。とはいえ、今日はお客様の都合でお休みなのである。

イージス艦が漁船にあたって乗員が行方不明であったり、イッシファーラが新銀行東京に都民の血税を突っ込むとか、ブログネタには不自由しない状況であるが、まあもう少し情報が集まってからとりあげてみたいとおもっている。まあ、どちらも怒りに耐えないできごとではあるのだが。

てなわけで、今日もたわいもないお話なのだけれど、三毛猫みこが脱走した。
昼時に猫にカリカリフードをトレイにいれると猛ダッシュでなな、のんの、うり、ぴよと一斉に集合。なぜか、こうとみこの姿がみえない。あちこち探してみても見つからない。
最後にローザの部屋の戸をあけるとこうがいた。ふと見ると窓が20cmほど開いていて網戸も開いている。

あ!、みこが脱走した~!! 真っ青である。みこは気まぐれで、我が儘なのでいったん脱走するとなかなか捕まらないのだ。うりは幾度も脱走したことがあるが、根が食いしん坊なのでカリカリでおびき寄せるとあっさりと、自由を放棄してしまう。だが、みこはそうはいかないのである。以前脱走したときもたいへんてこずったのだ。

速攻ローザに文句をいう。「なんで、窓開けてるんだよ~! みこが脱走したじゃんか~!」 するとローザ「なにいってんのよ~!! ワタシに一日中 猫を監視してろっていうの~!!」  「そう言う問題じゃないだろ~!!!」と私。
てな具合で小一時間白熱闘論となる。

ローザはとても手強い!かつて”某大学の荒鷲”とよばれたのは伊達ではない。結局双方の主張は相容れず時間切れ引き分けとなった。さ~て、それはさておき、どうやってみこを捕まえようかと掃き出しの窓から外を眺めていると、ひょいっとデッキにみこが飛び乗った。そのまま抜き足差し足で帰ってきたので、サッシを開けると怒られるのを察知したのか、耳を後ろに倒したままダッシュで家に飛び込んでソファーの後ろに隠れて出てこない。

まあ、とりあえずはさしたる苦労もなく無事戻ってきたのだからそれでよしとしたのであるが、ローザと険悪になった私のお昼ご飯はなかった。ので、みこもお昼ご飯はなしなのであった。

猫を室内のみで飼うことには賛否はあるし、私も忍びない気持ちはある。だが、うちではお出入り自由で飼っていた猫が7年以上生きたことはない。事故にあうことは決して低い確率ではないのだ。そうしたリスクの少ない土地でのびのびと、ときには狩などできるような飼育ができたらいいなと思いながらも、そうもいかない現状に室内飼いを選択しているのであるが。そうこうするうち、うりはもうすぐ8歳、みこは4歳になる。あっというまに時は過ぎるものだ。


お昼を食べなかったので一心不乱に夕食をいただく みこ
みこのゆうごはん

Comment

 秘密にする

悩ましい問題
旦那の実家は国道沿いで、子供のころ飼っていた猫たちは、どの子も1年ともたなかったそうです。
室内飼いという概念も、エアコンもない昔のこと、猫は網戸なんて簡単に開けてしまいますからね~。
悲惨な最期が相次ぐのにたまりかねたバアチャンが、「もう猫は飼わない!」と宣言して、その後犬を飼っていましたが、その子も逝ってしまい、今は何も飼っていません。
うちに遊びに来ると、猫たちを見て「いいね~かわいいね~」と言っています。

昔の農村では、犬猫がご近所の鶏を襲うというトラブルも多かったようですね。
今は庭を荒らしたとか、糞をしたとか、世の中犬猫好きな人間ばかりではない以上、トラブルは尽きないんでしょう。
犬をつないで飼うというのもそう古くからの常識ではないようで、そう思うと猫の室内飼いが常識になっていくのも仕方のない流れだろうと思いつつ、私は抵抗しています。
ずっとこうしていたいけど、猫たちの命が担保にされる環境になるまでのことですよね。

美也子 | URL | 2008/02/21/Thu 08:10[EDIT]
いらっしゃいませ美也子さま
そうなんですよ、私が小さい頃に県道はたの貧乏長屋に暮らしていたときは、やはり1年ともたなかった。とっても賢い子が子猫をなんども生みましたがやはり事故で失ったり、母がこっそり捨て猫や仔猫殺しをしたのは以前話した通りであります。そして、母も「もう猫はかわない!」と宣言をしました。私もそれに従いました。

猫が広いお外でのびのびと草をはみ、バッタを追っかける様はとてもすばらしい光景だと私は思います。でも、くろっぴ~を事故でわずか3ヶ月足らずで失ったとき、ああ!この地では無理なんだとおもいました。人の我が儘なのかも知れませんが、やはり仕事から帰ってきて玄関をあけるとお猫様が鎮座してお出迎えしてくれる。そんなたわいもないことがとてつもなく嬉しかったりするのであります。確かに悩ましい問題なのでありますね。
薩摩長州 | URL | 2008/02/21/Thu 23:20[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © たわいもない話. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。